楽天ポイントを使用した場合のスーパーポイントアッププログラムの適応のされ方

 

もっと上手な記事タイトルをつけたいのですが、わかりにくいタイトルで申し訳ありません。

 

楽天市場で楽天スーパーポイント(楽天SPU)を使用した場合、その使用したポイントに対してポイント還元をされるのか?という記事になります。

 

そもそも楽天市場でポイントを使用した場合、ポイントにはポイント還元がされないと思っている人が多いと思います。でも、使用したポイントに対しても、ポイント還元があるのです。

 

楽天市場で使用する場合、『楽天スーパーポイント=現金』と考えましょう。

スーパーポイントアッププログラムの適応のされ方

 

楽天SPUは2018年8月の時点でこのようなポイントアップです。

 

楽天市場でポイントを使用する場合、買い物金額をすべてポイントで支払ってしまうと、下記の適応されない場合よりも適応されるポイントが少なくなるそうです。難しいことは考えたくないので、楽天市場で楽天ポイントを使用する場合は、代金の一部をポイント払いにするようにしてください。

 

 

例えば、1万円分の楽天市場の買い物で4000ポイント利用した場合、

・通常購入分(+1倍)⇒100ポイント

・楽天カード利用(+2倍)⇒120ポイント(ポイントには適応されず!)

・プレミアム・ゴールドカード利用(+2倍)⇒120ポイント(ポイントには適応されず!)

・楽天銀行からの引き落とし(+1倍)⇒60ポイント(ポイントには適応されず!)

・楽天モバイル通話SIM利用(+2倍)⇒200ポイント

・楽天トラベル(+1倍)⇒100ポイント

・楽天市場アプリ(+1倍)⇒100ポイント

・楽天ブックス・kobo利用(+1倍)⇒100ポイント

・楽天ブランドアベニュー利用(+1倍)⇒100ポイント

・楽天TV利用(+1倍)⇒100ポイント

・楽天ビューティー利用(+1倍)⇒100ポイント

 

ポイント利用した場合は、『楽天カード利用(+2倍)』と『楽天銀行からの引き落とし(+1倍)』と『プレミアム・ゴールドカード利用(+2倍)』が適応されません。

つまり、楽天でスーパーポイントを利用すると、5%のポイントを損することになります。

 

私はこのポイントの適応のされ方を確認し、今までどおりになるべく楽天市場ではスーパーポイントを使用しないようにします。

 

楽天モバイルの支払いに利用したり、出光でガソリンを入れたり、楽天ペイを利用してローソンで使用したりしようと思います。私のスーパーポイントの使い方はこちらの記事にまとめてあります。

 

上手に楽天スーパーポイントを消費しましょう。
楽天スーパーポイントは貯めるだけでなく、上手に利用すると1-3%ぐらいお得になります。 私...

 

楽天証券のつみたてNISAでスーパーポイントを利用して投資信託を買えるようになるのはいつになるのでしょうか?楽天証券さん、もうすぐ夏は終わってしまいますよーーー!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました