楽天カードの公共料金支払いが改悪。でも対策すれば問題なし

 

今までは楽天カードで公共料金を支払っても、1%のポイント還元がされました。しかし、これからは「0.2%」に下がります。

 

参考記事:公共料金等のカード利用獲得ポイントについて

 

これは、対策が必要ですね!ではその方法を考えてみましょう。

 

フクリ
フクリ

対策すれば、今までよりも節約できるかも!!

 

まず、引き下げの詳細です。

 

公共料金等の楽天カード利用獲得ポイントに関するご案内

2021年6月利用分より、公共料金等の利用分における楽天カード利用獲得ポイントの進呈条件が変更されます。

※下記に記載の「変更の対象となる利用分」以外は変更されません!!

<変更の対象となるご利用分>
・公共料金(電気、ガス、水道)
・税金(国税、都道府県税など)
・国民年金保険料
・Yahoo!公金支払い

 

<楽天ポイント進呈条件>
■変更前
100円ご利用につき1ポイント
■変更後
500円ご利用につき1ポイント

<適用開始日>
2021年6月1日

税金や国民年金に関しては、いろいろな払い方がありますので、この記事では取り上げません。

では、公共料金について考えてみましょう。対象となる公共料金がこちら。

 

小売電気事業者
北海道電力 東北電力
東京電力エナジーパートナー 中部電力
北陸電力 関西電力 中国電力
四国電力 九州電力 沖縄電力

小売ガス事業者
北海道ガス 仙台市ガス局 東部ガス
東彩ガス 武州ガス 東京ガス
ニチガス 京葉ガス 静岡ガス
東邦ガス 北陸ガス 大阪ガス
岡山ガス 広島ガス 四国ガス
西部ガス 日本ガス

水道事業者
札幌市水道局 仙台市水道局 さいたま市水道局
東京都水道局 神奈川県営水道 川崎市上下水道局
横浜市水道局 浜松市上下水道 名古屋市上下水道局
京都市上下水道局 大阪市水道局 神戸市水道局
福岡市水道局

 

水道料金は、例えば東京都の場合、口座振替にすれば割引がありますのでクレジットカード払いにする必要はありません。

 

電気料金とガス料金に関しては、これを良い機会にして、格安の会社に切り替えてしまいましょう。

 

例えば、我が家の場合は、電気は『楽天でんき』、ガスは『ENEOSガス』を契約してます。まだ、東京ガスや東京電力などを利用しているのであれば、切り替えは簡単なので変えてしまいましょう。

 

光熱費も下がりますし、このような業者に対しては楽天カード支払いでの還元率は改悪されません。

 

固定費の節約が最も大事なことですので、切り替えてみましょうね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました