ホットクックでの鳥ハムづくり。とても安くて、とても旨く。

鳥ハム。

鳥ムネ肉を低温調理して、ハムのように仕上げるレシピです。

高たんぱく、低カロリーで、ダイエットの味方です。また、この方法では、ほぼ鶏むね肉の原価で鳥ハムをつくれます。

そして、ホットクックを利用するので、調理している時間は1分です。あとは機械が仕上げてくれます。

そして、私は内科医ですので、塩分はほとんど使いません。鳥ハムは食べ続けると、塩分は少しだけの方が美味しくなってきます。

まず、必要なのはホットクックです。お持ちでない人は、他のレシピを参考にしてお湯につけておく時間を試行錯誤してください。

必要な材料

①鶏むね肉 1枚でも2枚でも大丈夫です。

②塩少し

③アイラップ

フクリ流適当なレシピ

まず、考えることは鶏肉に付着しているカンピロバクターによる台所の汚染を防ぎます。熱湯消毒などしっかりしましょうね。

鶏肉にまんべんなく少量の塩をふり、アイラップを手袋のようにはめて、アイラップの中に鶏肉を入れます。そして、なるべく空気が入らないように袋を締めます。

空気が入っても、なんとかなります。気にせずに。

面倒な人は、アイラップに鶏肉を入れてから、塩を振り入れましょう。なんとかなります!!

そしたら、ホットクックの内鍋にとり肉が完全につかるぐらいのお水を入れて、鶏肉を投入。

低温調理メニューで、75度1時間に設定します。

調理が終わってから、2時間ぐらいそのままにしておくと、おいしい鳥ハムができます。

1枚でも2枚でもできますが、ムネ肉2枚の場合は別々のアイラップに入れましょう。

次の日のお弁当にもいいですし、夜ご飯にすれば簡単に一品増えます。

このレシピのポイント!!

・ジップロックを使うレシピが多いですが、格安のアイラップで代用します。アイラップはこのぐらいの加熱であれば、問題ありません。

・75度1時間はしっかり火が通ってしまいますが、安全な鳥ハムを作りたいのでこの温度と時間になりました。

・塩はほとんど使わない方がおいしいです。もし味を変えたいのであれば、この調味料がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.