「電気の使用量を見える化」して、節電に取り組もう!

節電は節約の効果が乏しい?

節電は労力に対してあまり節約の効果が得られないという考えがあります。照明をつけっぱなしにしても電気の使用量はあまり変わらないので、家族がぎすぎすするぐらいなら消さなくてもいいのではないかという意見もあります。

しかし、できれば余計な電気は使わずに、電気代は減らしたいですよね。一度、電気代を下げることに成功すれば、それを継続するだけでかなりの節約になります。この記事では、節電のためにまずは「電気を見える化」してみようという内容です。

私は、ENEOSでんきを利用していますので、ENEOSでんきでの見える化になります。ENEOSでんきは電気代が格安ですので、利用できるエリアにお住まいの方は、大手電力会社から乗り換えてみてください。


スマートメーターは節電の味方

電力自由化で大手電力会社以外の電力会社を選択できるようになりました。電気代の競争が起きたので、消費者にはとても良い変化になりました。そして、スマートメーターが各家庭に導入され、電気の使用量をデジタル化し、リアルタイムで計測できるようになりました。私たちは以前より簡単に電気の使用量を知ることができるようになっています。

例えば、ENEOSでんきのサイトにアクセスすると、このようなグラフを手に入れることができます。

我が家の電気使用量を公開

①フクリ家の4月の一日単位の電気使用量

②フクリ家のとある日の時間単位の電気使用量

③フクリ家の月単位の電気使用量

このグラフを見るだけでも、節電の意識が高まると思います。

それから、②のグラフをもう一度、見てください。最も電気使用量が減る夜間にも、もちろん電気を使用しています。冷蔵庫やいろいろな待機電力の使用量を把握することができます。この夜中の電気使用量を減らすことができれば、かなりの節電になります。

フクリの節電方法

私はこの夜中の電気使用量を減らす取り組みを開始しました。

・照明器具をすべてLED電球に変更
https://etf-investment.com/?p=1995

・ウォッシュレットのヒーターを弱める

→あまりにも下げすぎると、家族から苦情がきますので要注意

・冷蔵庫の上に置いてあるものを撤去し、ホコリをきれいに掃除する。ホコリが油まみれになっており、そぎ落としました。また、庫内の温度を少し弱めにしました。
https://etf-investment.com/?p=1912
・夜は酒盛りせず、早めに寝る
https://etf-investment.com/?p=1897

まだまだ節電する方法はたくさんあると思いますが、まずはこれだけやってみました。節電をしようと思ったきっかけは、電気の使用量を見える化したことです。

ぜひみなさんも「電気の使用量を見える化」して、節電に取り組みましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.