2018年の勤務医家庭の貯蓄率の推移。貯蓄率はかなりのマイナスへ

2018年の月ごとの貯蓄率をグラフ化してみました。

30代勤務医、子供2人、教育費が多額になっている家庭となります。

過去二年は貯蓄率が8%ほどでしたが、2018年は大きなマイナスに….

さっそく、貯蓄率のグラフです。もう少しおしゃれなグラフにしたいのですが、私のスキルの限界がこちらです。

日本株以上の乱高下となりました。大幅なマイナスは車の購入です。

高級車をローンを組まずに一括で購入してしまったことが原因です。ただ、資産価値が保たれる車種にしたので、売却する時が楽しみです。

医者は本当に貯蓄劣等生ですね。トマス・スタンリー先生の書籍の言う通りです。反省しなければ….

2018年はマイナス7%に貯蓄率が低下しました。2019年は家族の支出を抑えて、プラス25%以上は確実に貯蓄したいと思います。

私はほとんどお金を使わないライフスタイルなのですが、家族の支出までコントロールすることができていません。このあたりを反省し、きちんと家族にも支出をコントロールするように、促していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.