ベランダガーデニングの害虫たち。(レモンバーム・パクチー・グラジオラス)

 

ベランダガーデニングはきちんと続けています。子供たちに世話をお願いして、良い教育になっています。今日はラディッシュを収穫することができましたので、夕食に食べようと思います。


ただ、その他の植物たちの様子がおかしいことに気づきました。

 

成長が遅くなり、葉っぱの色がおかしい……水や栄養の問題かなと思っていたのですが、葉の裏に害虫がたくさんいました。植物のちょっとした変化があれば、虫がいないか探してみないといけないですね。

 

それぞれの植物の症状と、原因の虫です。

 

まず、グラジオラスは、このような食べられ方をしました。原因の虫は、シャクトリムシでした。

 

 

パクチーは成長が止まり、葉に白い斑点のようなものがでました。葉の裏をみると小さな緑の虫たちがたくさんついてました。

 

虫の正体は、アブラムシでした。

 

 

右側のローズマリーはとても元気です。

 

写真の下の方に写っているのは、アボカドの種です。アボカドの種が、発芽するか実験中です。

 

左側がレモンバームです。丈夫に育っていたので、収穫してハーブティーにしようと思ったら赤い粒がたくさんついていました。汚れかなと思ったのですが、よく見ると虫でした。

 

虫の正体はハダニでした。

 

薬を噴霧したのですが、なかなか駆除は難しく、今日はテープで一枚ずつ丹念に駆除を行いました。これで植物が回復するか、観察していこうと思います。

 

ベランダガーデニングは、害虫との戦いですね。葉の裏まで観察することがとても大事です。害虫を見つけたら、すぐに駆除しましょう。

 

 

ラディッシュはとても簡単に収穫できました。

 

ベランダガーデニングは試行錯誤がとても楽しいですし、子供の教育にもとても役立ちます。植物の発芽条件、害虫のこと、水や肥料などについてなど教えることがたくさんありますね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました