『ENEOS都市ガス』が始まる。固定費節約のために東京ガスからの乗り換えがおすすめ。

 

ガソリンスタントで誰もが利用したことのあるENEOSが、都市ガスの供給サービスを始めます。

 

すでに、電力自由化の時にENEOSでんきという電力サービスを始めていて、私も利用しています。電気代がとても安くなりましたし、もちろんトラブルはまったくありません。

 

ENEOSでんきがVプランを開始。ENEOSでんき利用者(Aプラン)は、料金メニューを変更しよう。
ENEOSでんきが新料金プラン「Vプラン」を開始しました。今まではAプランという料金体系となっており、こ...

 

光熱費を簡単に節約!電力会社を乗り換えよう
簡単に節約するためには、固定費を見直すことが重要です。しかし、光熱費の節約は労力を伴うものが多く、長続き...

スポンサーリンク

ENEOS都市ガスの詳細

 

 

ENEOS都市ガスの現時点で公開されている情報についてです。ホームページも限定公開になっていますので、URLは伏せさせていただきます。

 

ENEOS都市ガスは東京ガスの管内でのサービスになるのでしょうか。東京ガスとの料金比較しかありませんので、現時点ではおそらくそうなのだと思います。

 

気になる料金は、東京ガスよりも確実に安くなります。

 

ガスの料金は、基本料金+従量料金+原料費調整額になります。

 

基本料金は使用したガスの量で変わります。

 

月間の都市ガス使用量(m3/月)

A 0m3 ~ 20m3  B 21m3 ~ 80m3  C 81m3 ~ 200m3

D  201m3-500m3 E  501m3 ~ 800m3 F  801m3 ~

 

基本料金がこちらになり、東京ガスよりも安いです。

基本料金(円/月)
区分東京ガスENEOS
A745.2715.39
B1036.8995.32
C1209.61161.2
D1857.61783.2
E6177.65930.4
F12225.611736.5

 

 

そして従量料金がこちらになり、こちらも東京ガスより安く設定されています。

 

単位料金(円/月)
区分東京ガスENEOS
A142.6136.9
B128.0122.9
C125.9120.8
D122.6117.7
E114.0109.4
F106.4102.2

 

計算することが億劫な人に、簡単にどれだけ安くなるかはこちらを。

 

20m3 (ひとり暮らし)の場合は、1年間に6710円の節約。

30m3 (2-3人家族暮らし)の場合は、1年間に7340円の節約。

40m3 (4人家族暮らし)の場合は、1年間に7960円の節約。

60m3 (5人家族暮らし)の場合は、1年間に9180円の節約。

 

東京ガスは、床暖房を使用する世帯用に、暖らんプランなどの割引サービスがあります。ENEOS都市ガスはこれに対抗して、床暖プランという割引サービスを用意しており、確実に東京ガスよりも安くるようです。

 

ENEOSでんきとENEOS都市ガスの両方を使用ている家庭へのサービスはないのが残念です。加入時だけ、でんきもガスも一度に乗り換えると5000円のキャンペーンはあるようです。

 

効率よく節約するためには食費や日用品の細かな節約ではなく、固定費を削減することです。固定費を削減することができれば、節約が本当にラクになります。そしてその効果はずっと続きます。

 

ぜひ、前向きにENEOS都市ガスを検討してみて下さい。

 

その他の節約や資産運用方法はこちらをお読みください。当ブログで最も読まれている記事です。

フクリの堅実な資産運用方法
インデックス投資家のフクリです。資産運用、特にインデックス投資を2010年頃より開始しました。インデック...

コメント

タイトルとURLをコピーしました