億万長者のお酒の選び方 高いお酒が必要ですか?

 

お酒の選び方を変えると、あなたの資産運用は成功に近づきます。

 

私は20代の頃、とにかく高いお酒がクールだと思っていました。

 

ワインにこだわることが、大人のたしなみと信じていました。

 

しかし、このように考えていたら、あっという間にお金はなくなってしまいます。

 

お金がいやでも貯まる5つの生活習慣には、このように書かれています。

 

1本あたり1.5ドルから150ドルの540銘柄のワインを、500人に評価してもらいました。

 

15ドル以下の100銘柄が、価格の高いワインより高評価でした。9.99ドルのワインが、150ドルのドン・ペリニョンより評価されました。2ドルのカベルネ種のワインが、スタッグス・リープの「アルテミス」の55ドルのワインよりも評価が高かったです。

 

 

 

つまり、ワインの味と値段は、相関していないということです。

 

それでも値段の高いワインを、味もわからずに買おうと思いますか?

 

私は安旨ワインで十分です。

 

ワイン好きの方には笑われると思いますが、私が大好きな銘柄は「コノスル」のワインです。

 

コノスルはチリのワインメーカーで、自然環境に配慮したワイン造りをしています。

 

自転車が描かれたワインは見たことがありますよね?

 

 

特に、値段は少しだけ上がりますが、コノスルのオーガニックワインはおいしいです。

 

 

さらに値段が上がる厳選した最良の20樽のみを瓶詰めした、「20バレル・リミテッド・エディション」は最高においしいです。(値段が高いから美味しく感じるのかもしれませんが…)

 

最近は、ワインよりも日本酒ばかり飲んでいて、ツイッターの#株クラ日本酒部にはまっています。

 

 

日本酒(4合瓶:720ml)は1000円台で、たくさんの日本酒を買うことができます。

 

ワインよりも栓を開けてから長持ちしますので、長く楽しめます。

 

コスパのよい日本酒では、七賢(山梨)や七田(佐賀)がおすすめです。

 

(少し高めの日本酒ならば、而今や醸し人九平次やNO6がおすすめですが、本記事の主旨からは外れてしまいます。)

 

資産運用のためには、お酒を飲まないことがベストです。

 

でも家族や仲間と飲むお酒は、人生を豊かにしてくれます。そのお酒はそんなに高いものは必要ないはずです。

 

それから、飲みすぎないようにして下さいね。お酒を飲みすぎて病気になった方の最期は、かなり悲惨ですからね!お忘れないように。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました