ダム式家計管理をしよう。

家の掃除をしながら、カリスマ経営者の稲盛和夫さんの『生き方』のオーディオブックを聴いていました。

家事のお手伝いはオーディオブックを聴きながら。お金と家族からの愛情を一気に手に入れよう

 

今日は、松下幸之助さんの「ダム式経営」を稲盛さんが初めて知った時の話が印象に残りました。

 

フクリ
フクリ

『生き方』は私の人生のバイブルです。

 

生き方

生き方

稲盛 和夫
1,515円(05/17 19:30時点)
発売日: 2004/06/30
Amazonの情報を掲載しています

 

稲盛さんがまだ経営に悩んでいたとき、松下さんのセミナーを聴きに行きました。

 

松下さんが景気が悪くなっても会社が傾かないように、金銭的にも余裕を持った経営(ダム式経営)をしなければならないと話をしました。

 

参加者はどのようにダムをつくればよいかを教えてもらえないか尋ねたところ、松下さんは「ダムのつくり方はわかりません。でも、ダムをつくろうとしなければなりません。」と答えたそうです。

 

参加者は苦笑だったようですが、稲盛さんはこれが答えだと気づかれたそうです。

 

私たちが家計を管理するときも、ダムをつくろうとしなければなりません。

 

ダムを作ることができたら、家計や資産への不安が激減するでしょう。

 

ダムを作るには、収入を増やし、支出を減らし、余ったお金の一部を投資や事業で増やすことしか方法がありません。

 

すぐにはこのダムを作ることができません。

 

私も家計管理・資産運用を始めて、最初の頃は水たまりぐらいしかつくれませんでした。

 

あまりにもお金がたまらない(ダムができない)ので、資産運用なんてやめて遊んで暮らそうかと思うぐらいでした。

 

ですが、5年ぐらい経過すると、ダムができてきます。私は10年ぐらいになりますが、安心できるぐらいのダムができています。

 

家計管理、資産運用はダムを作ろうとすることが大事です。

 

ダムをつくろうとさえ思えば、きっと誰もが立派なダムをつくれます。

 

少しずつ少しずつ、焦らずに続けていきましょうね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました