つみたてNISA、7か月目。7ヶ月目でようやく含み益!

私のつみたてNISA、厳密には妻名義のつみたてNISAですが、7ヶ月目でようやく成績はプラスになりました。投資は必ず上がったり下がったりします。相場の上下動が必ず起こること、そしてインデックス投資の長期投資はプラスになる可能性が高いことを理解していれば、貯金感覚で投資をすることができます。

https://etf-investment.com/index-investment/tyokinn-kannkaku/

つみたてNISAを始めて、「7か月目」の投資結果を確認してみます。つみたてNISAを開始したのが、2018年1月でした。あっという間に半年以上が経過してしまいました。残り19年と5か月ですね!来年からは私の名義でもつみたてNISAを始めようと思います。

つみたてNISAはシンプルな投資をしており、月に約3万円を楽天VTのみに投資をしています。利用している金融機関は楽天証券です。

数日前に、iDeCoの投資結果を確認しましたので、そちらの投資結果も参考にしてください。

https://etf-investment.com/ideco/post-3459/

つみたてNISAはどのようになっているのでしょうか。

つみたてNISA、7か月目

楽天VTのチャートはこのようになっており、上下を繰り返しています。方向性に乏しい状態は続いています。

つみたてNISAは7か月目で、ようやく含み益の状態です。たった5000円ですが、「上がってもうれしい、下がってもうれしい!」気持ちでやっておりますので、素直に喜んでいます。

含み損や含み益にあまり一喜一憂せずに、たんたんと積み立て投資をする。それが最も投資の成功に近いと思います。

投資に欲を出して、投資方針をこねくりまわすと、だいたい失敗します。わたし、今でもこねくりまわして失敗しています。このむらっけのせいで、100万円以上は得られただろうお金を失っています。

そんな私自身の経験も含めて、積み立て投資を貯金感覚で行いましょうと記事にしました。貯金のように何も考えずに、インデックス投信もしくはETFを購入しましょうということを伝えたかったのです。

半値になっても儲かる「つみたて投資」 (講談社+α新書)

半値になっても儲かる「つみたて投資」 (講談社+α新書)

星野 泰平
922円(06/02 17:48時点)
発売日: 2010/12/20
Amazonの情報を掲載しています

とにかく、つみたて投資を継続することです。「継続は力なり!」は積み立て投資の真実です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.