140万円のおかねはどこへ?2020年3月のイデコ投資日記。

3月の給料日がおわったので、イデコやつみたてNISAの投資結果を評価していきます。

この記事は3月のイデコの投資結果です!

イデコは投資が自動化されています。口座から勝手にお金が投資に回されて、何もしなくても投資が行われ続けています。コロナウイルスの影響で相場がたいへんな時でも、恐怖の感情なしで勝手に投資がされています。

そのお金が知らないうちに増えていっているので、インデックス投資は本当に楽な投資です。もちろん減っていくときもあります。

私のイデコ活用法ですが、

イデコは先進国株式のみに投資をしています!

具体的にはSBI証券を利用し、DCニッセイ外国株式インデックスファンドの積み立てを行っています。

月に2万3千円の積み立てです。

DCニッセイ外国株式インデックスファンドのチャートはこのようになっています。

じわじわと上昇していたのですが、コロナウイルスが原因の株価の下落の影響をもろに受けてしまいました。

振り出しにもどったような印象です。

1月は160万円以上の含み益でしたが、約140万円のお金がどこかへ消えてしまいました。

含み損の投資家が多いと思いますが、心配することはありません。みんな同じような状況ですから、いつもと変わらない行動をしましょう。

でも140万円以上のお金がどこかへ消えてしまうと、やや悲しい気持ちになりますね。140万円あれば豪遊できますから!

それでも何も考えずに積み立て投資を継続しましょう。

しかもイデコは拠出金(投資額)が控除されますので、投資だけでなく節税もできてしまいます。さらに、売却益も非課税なので、かなりおとくな制度ですよ!

節税分もあわせると、合計で140万円ほどの含み益になっています。

順調に資産は増えていましたが、かなり減りました。

インデックス投資は増えたり減ったりしますので、とにかく資産が減っても慌てないことです!

老後にもらえる年金を心配するよりも、まずはイデコを利用することから始めましょう。早めに始めないと損しますよ!

“ 税金ゼロ”の資産運用革命 つみたてNISA、イデコで超効率投資

“ 税金ゼロ”の資産運用革命 つみたてNISA、イデコで超効率投資

田村 正之
1,540円(09/29 15:24時点)
発売日: 2018/01/26
Amazonの情報を掲載しています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.