2020年1月のイデコの投資結果。お金が増えています!

 

1月の給料日がおわったので、イデコやつみたてNISAの投資結果を評価していきます。

 

この記事では1月のイデコの投資結果になります!

 

イデコは投資が自動化されています。口座から勝手にお金が投資に回されて、何もしなくても投資が行われ続けています。

 

そのお金が知らないうちに増えていっているので、インデックス投資は本当に楽な投資です。もちろん減っていくときもあります。

 

私のイデコ活用法ですが、

 

イデコは先進国株式のみに投資をしています!

 

具体的にはSBI証券を利用し、DCニッセイ外国株式インデックスファンドの積み立てを行っています。

 

月に2万3千円の積み立てです。

 

 

DCニッセイ外国株式インデックスファンドのチャートはこのようになっています。

 

ゆっくりですが、じわじわと上昇してきています。

 

 

先月は150万円のプラスでしたが、今月は160万円以上の含み益となりました。

 

 

 

 

インデックスの積み立て投資は、努力なしでこれだけの投資結果を出すことができます。

 

もちろん相場が不調になれば、マイナスになる可能性があります。

 

ですが、好調な時も不調な時も、つみたて投資を継続することがとても大事です。

 

イデコは拠出金(投資額)が控除されますので、投資だけでなく節税もできてしまいます。さらに、売却益も非課税なので、かなりおとくな制度ですね!

 

節税分もあわせると、合計で270万円ほどの含み益になっています。

 

 

直近12か月の推移をみても、順調に資産は増えています。

 

インデックス投資は増えたり減ったりしますので、とにかく資産が減っても慌てないことです!

 

含み益の状態が永遠に続くなんてことはありません。

 

老後にもらえる年金を心配するよりも、まずはイデコを利用することから始めましょう。早めに始めないと損しますよ!

 

“ 税金ゼロ”の資産運用革命 つみたてNISA、イデコで超効率投資

“ 税金ゼロ”の資産運用革命 つみたてNISA、イデコで超効率投資

田村 正之
1,540円(04/10 20:38時点)
発売日: 2018/01/26
Amazonの情報を掲載しています

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました