投資してはいけない金融商品や投資法をまとめてみました。

light-sunset-man-trees

 

必ず成功する投資法はないけれど、投資してはいけない金融商品や投資法があります。

 

多くの投資家は初心者の頃に、そのような商品や投資法に手を出してしまいがちです。

 

せめて、この記事で出てきた金融商品や投資法には手を出さないようにしましょう。

 

・ラップ口座

最近、売り上げがのびているラップ口座です。銀行や証券会社が素人であるあなたに代わって、資産を運用してくれます。

 

しかし、たいした運用もしないのに、手数料だけはふんだくられます。

 

投資する価値なしです。

 

・毎月分配型投資信託

 

毎月、分配金をもらえる投資信託です。

 

時々、自分の投資したお金を勝手に解約されて、分配されます。意味不明なシステムになっています。

 

そして、そんな意味不明なシステムのため、かなりの手数料をとられます。

 

こんなインチキ商品が日本ではとても人気です。人気なのは日本だけです。

 

・明らかにおかしい高リターンをアピールする金融商品(安愚楽牧場・いつかはゆかし)

 

私の感覚では、5%以上のリターンを安全に得られる金融商品は危険だと思った方がいいと思います。

 

投資をしてみればわかると思いますが、3%のリターンを安定して得られることはとても難しいです。

 

かつて安愚楽牧場の和牛投資やいつかはゆかし(アブラハム・グループ)という商品が存在しましたが、安定した高いリターンを打ち出した広告を見ただけで、危ない商品だとわかります。

 

・レバレッジをかけたFX

 

レバレッジをかけてまでFXをする理由がわかりません。ただのギャンブルです。

 

・借金をして行う投資

 

借金で投資をしてはいけません。人生が破綻する危険性があります。

 

・デイトレード

 

ただのギャンブルです。普通の人では、勝てません。

 

ここにまとめた金融商品や投資法には手を出さない方がいいです。まともな投資とまともではない投資があります。

 

ぜひ、みなさんにはまともな投資をしてほしいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました