NISA・つみたてNISAを活用しよう

 

前回の記事では、確定拠出年金(イデコ)についてご紹介しました。

 

イデコほどのインパクトはありませんが、投資のリターンを上げるためにNISAやつみたてNISAも利用しましょう。

 

 

NISAやつみたてNISAは、売却で得た利益や配当(分配金)に対する税金が免除されます!

 

例えば20万円の売却益が出た場合、通常は約20%の4万円が税金で徴収されてしまいますが、NISAでは徴収されません。とてもお得な制度ですので、使わないのは損です。

 

 

フクリ
フクリ

税金がかからない制度は積極的につかいましょう。

 

NISA・つみたてNISAを活用しよう

 

NISAとつみたてNISAの違いから説明します。こちらはSBI証券のホームページに掲載されている表になります。

 

つみたてNISAやNISAはSBI証券もしくは楽天証券で開設することをおすすめします。

 

 

 

まず、NISAは年間に120万円を、様々な種類の金融商品に投資することができます。

 

そして、インデックス投資関連の投資信託やETFのみならず、個別株式や海外の株式にも投資することができます。

 

ロールオーバーをすることで、10年間保有し続けることができます。

 

この自由度の高さが、NISAの良いところだと思っています。

 

 

フクリ
フクリ

NISAよりもつみたてNISAがおすすめです!

 

 

一方、つみたてNISAは年間に40万円を、金融庁が許可した投資信託につみたて投資することができます。

 

NISAに比べると自由度は低いのですが、インデックス投資家にとっては十分すぎる商品数です。

 

夫婦でつみたてNISAを始めれば、年間に80万円の積み立てができますので、つみたてNISAだけ利用すれば十分なのかもしれません。

 

さらにイデコの利用もすれば、かなりの投資額になってしまいます。

 

 

フクリ
フクリ

つみたてNISAとイデコをやっておけば、老後資金は貯められます!

 

 

おすすめの証券会社は、海外ETFに投資をするためにNISA口座を利用するのであれば、為替手数料の安いSBI証券をおすすめします。

 

一方、つみたてNISAは、SBI証券または楽天証券がおすすめですし、ほとんど変わらないです。

 

私は、楽天スーパーポイントを使って、つみたてNISAで投資信託を買い付けたいので、楽天証券でつみたてNISAの口座開設をしました。

 

NISAとつみたてNISAは同時に利用することはできませんので、どちらを選択するのか決めなければなりません。

 

我が家は、夫名義では海外ETFに投資をするためにNISAを選択し、妻名義の口座ではつみたてNISAを選択しました。

 

これからインデックス投資を始める人や、そこまでマニアックなインデックス投資をしたくない人には、つみたてNISAを選べばよいと思います。

 

つみたてNISAを継続することができれば、きっと20年後には大きな果実を得られると思いますよ。

 

つみたてNISA+イデコを利用することで、投資に対する税金がほとんどかからない時代になっています。

 

もちろん、投資資金が多額の投資家にとっては不十分だとは思いますが、普通の家庭が資産形成するには十分な投資額のはずです。

 

これからの時代は、『イデコ+つみたてNISA』で資産形成をしていくことがベストな方法だと思います。

 

とても良い時代になりました。

 

フクリの堅実な資産運用方法の次の記事はこちらから。

アセットロケーションとは?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました