インデックス投資におすすめの証券会社を紹介します。

 

アセットロケーションやアセットアロケーションなどの記事を書きましたが、インデックス投資では証券会社の選び方も大事。

 

フクリ
フクリ

まちがった証券会社で投資をはじめるとめんどうですよ!

 

証券会社には特定の銀行が紐づけされていることが多く、銀行と証券会社のセットで選びましょう。

 

ある証券会社が新しいサービスや手数料の値下げを行うと、他の証券会社も真似をします。

 

そのため、どこも似たようなサービスや手数料体系になっています。

 

あなたにピッタリ合う証券会社を紹介してみますね。

インデックス投資におすすめの証券会社

 

選ぶべき証券会社は2つだけ。

 

SBI証券もしくは楽天証券です。

 

このどちらかを選べば間違いありませんし、サービスや手数料はほとんど同じです。

 

それではどちらを選べばいいのでしょうか?いくつかのタイプに分けておすすめしたいと思います。

 

それから、SBI証券を利用するのであればSBI銀行を、楽天証券を利用するのであれば楽天銀行を利用しましょう。

 

楽天証券とSBI証券の大きな違いです。

 

楽天証券は楽天スーパーポイントで投資信託を購入できること。SBI証券は為替手数料が安いことです。

 

①海外ETFを利用せず、投資信託でインデックス投資をする場合

⇒楽天証券でもSBI証券でも変わりなしです。

 

②海外ETFを利用してインデックス投資をする場合

⇒SBI証券がおすすめです。SBI銀行で米ドルを安く購入して、SBI証券で米国株・ETFに投資できます。

 

③私のように楽天市場中毒者の場合

⇒楽天証券が絶対におすすめです。使い切れない楽天スーパーポイントで、投資信託を購入しましょう。

 

④国内ETFでインデックス投資をする場合

⇒SBI証券でも楽天証券でも変わりなしです。

 

フクリの利用状況

私はSBI証券のみを利用してきました。

 

しかし、つみたてNISAは楽天証券を利用したかったので、2018年から楽天証券の利用も開始しました。

 

SBI証券は為替手数料が有利ですが、楽天のサービスを利用している方には楽天証券の方がメリットがあります。

 

個人的に、楽天証券はいつかSBI証券を超える日がくると予想しています。

 

SBI証券と楽天証券で迷われるのであれば、楽天証券をおすすめしておきます。ただし、海外ETFを利用するのであれば、SBI証券が絶対におすすめです。

 

フクリの堅実な資産運用方法の次の記事はこちらから。

簡単な節税ならば、まずはiDeCo(イデコ)を始めよう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました