eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)のコストが下がり、楽天VTから乗り換えを検討。

eMAXIS slim

eMAIXS slimシリーズの3つのファンドのコストが引き下げられます。

・eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
・eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

この3つのファンドの信託報酬が 0.142%以内 → 0.12%以内に引き下げられます。

しかも将来、純資産総額が一定以上になると、さらにコストが引き下げられます。500億円のハードルはかなり高いですが、これからインデックス投資がもっと一般的になるはずですから、意外に早く超えてしまうかもしれないですね。

私の投資しているファンドは3つ。

①ニッセイDC先進国株式インデックスファンド(イデコ)

②楽天VT(つみたてNISA)

③eMAXIS slim 全世界株式 (つみたてNISA)

コスト的に満足できないのが、②の楽天VTだけ。圧倒的にeMAXIS slimシリーズの方が安いですし、eMAXIS slimのコストを下げる姿勢におどろいています。

このニュースをきっかけに、楽天VTをeMAXIS slimの全世界株式もしくは全世界株式(除く日本)のどちらかに変更しようかと本気で迷い始めています。

おそらく、そろそろ楽天VTもコストを引き下げるアクションを起こすはずですので、もう少し待ちたいと思います。ただ、楽天VTは商品の設計の問題もあり、コストの引き下げは限定的になってしまうはずです。

ファンドの乗り換えはゆっくり慎重にやるべきだと思います。すぐに飛びつくのはあまりよくないので、数か月は様子をみようと思います。

でも、eMAXIS slimは素晴らしいですね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.