iFreeシリーズのコストが引き下げに(TOPIX・日本債券・日経225)!

 

iFreeシリーズの3つのファンドの信託報酬の引き下げのニュースがありました。

 

iFreeシリーズの、日経225・TOPIX・日本債券の3つのファンドのコストが下がります。

 

iFreeシリーズ運⽤管理費⽤(信託報酬率)の引き下げについて

 

 

iFreeはあまり人気のないインデックスファンドシリーズです。

 

日本株式と日本債券では、コストが最も安い水準まで引き下げられました。これが投資家からどう判断されるのでしょうか。

 

最安値を目指し続けると宣言しているeMAXIS slimの存在がありますので、人気が出るのは少し難しいのかもしれません。

 

明日、インデックスファンドシリーズの実質コスト表の記事をアップしますので、そちらで見比べていただけたらと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました