2018年インデックスファンド純資産額推移のグラフを公開

2018年のインデックスファンドのアセット別の純資産額の推移です。

このグラフは初めて作成してみました。ファンドの人気度をアセット別で確認することができます。

インデックスファンドはつみたてNISAなどもあり、長期で生き残るファンドを積み立てしておく必要があります。そんなファンドを見抜くためにも、参考になれば幸いです。

2018年インデックスファンド純資産額推移

国内株式(TOPIX)

国内株式はニッセイと三井住友DCがトップです。下位からはeMAXIS slimが着実に伸びてきています。

国内債券

三井住友の純資産が圧倒的に大きいですが、2位のニッセイが順調なようです。

先進国株式

ニッセイが一位なのですが、eMAXIS slimが急激に資産額を伸ばしています。

先進国債券

先進国債券は大きな変化なく推移しています。

新興国株式

新興国株式はeMAXISの代わりに、eMAXIS slimが順調に資産額をのばしています。

新興国債券

SMTやeMAXISが新興国債券では人気のようです。

国内REIT(J-REIT)

実質コストは高めなのですが、SMTが人気なようです。ニッセイが最も安いコストなので、長期的には変化してくるのかなと予想します。

海外REIT


海外REITもSMTやeMAXISなどの老舗ファンドが人気です。ニッセイがコスト最安ですので、変化してくるものと思われます。

2018年の各ファンドの資産残高の推移を見てきました。みなさんが投資しているファンドは順調でしたでしょうか。長期で安心して積み立てできるファンドへ投資をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.