2020年1月のインデックスファンド比較表(全世界株式)【実質コスト・純資産】

 

2020年1月のインデックスファンドシリーズの性能を、コスト・純資産の観点から比較してみようと思います。

 

インデックスファンドシリーズを選ぶ際に、参考にして頂けたらうれしいです。また、自分の積み立てしているファンドのコスト・人気度を再確認してみてください。

 

(スマートフォンでは見にくいこともあるらしいので、その場合はパソコンからご覧になってください。)

 

最終的な投資の判断は、自分で確認してから行うようにしてください。

 

全世界株式

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスまたはMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに連動するファンドです。

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)解約コスト
楽天VT0.210.31345なし
SBI・全世界株式0.110.3052なし
eMAXIS slim0.120.22140なし
たわら0.122なし

 

eMAXIS slimシリーズの人気が高まってますね。圧倒的に純資産総額が成長してきています。

 

楽天VTの人気が落ちそうな印象です。

 

全世界株式(除く日本)

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)に連動するファンドです。

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)解約コスト
eMAXIS slim0.100.19130なし
野村つみたて0.190.24138なし
三井住友DC0.250.38240なし
eMAXIS0.600.68930.05%

 

このクラスは、eMAXIS slimと野村つみたてが2位争いをしてきたのですが、そろそろeMAXIS slimが逆転しそうですね。
 

 

インデックス投資は比較的簡単にできる投資法ですが、ある程度の勉強はしてからにしましょうね。原理がわからないと長くは続けられない投資法です。

フクリの堅実な資産運用方法
インデックス投資家のフクリです。資産運用、特にインデックス投資を2010年頃より開始しました。インデック...

コメント

タイトルとURLをコピーしました