2020年1月のインデックスファンド比較表(先進国クラス)【実質コスト・純資産】

2020年1月のインデックスファンドシリーズの性能を、コスト・純資産の観点から比較してみようと思います。

この記事では先進国株式・債券の比較になります。

インデックスファンドシリーズを選ぶ際に、参考にして頂けたらうれしいです。また、自分の積み立てしているファンドのコスト・人気度を再確認してみてください。

(スマートフォンでは見にくいこともあるらしいので、その場合はパソコンからご覧になってください。)

先進国株式

インデックスシリーズ名 信託報酬 実質コスト 配当込み 純資産総額(億円) 解約コスト
ニッセイ 0.10 0.14 込み 1579 なし
たわら 0.10 0.12 込み 485 なし
iFree 0.19 0.25 × 34 なし
SMT 0.50 0.54 × 757 0.05%
i-SMT 0.19 0.23 × 2 なし
eMAXIS 0.60 0.67 込み 437 0.05%
eMAXIS slim 0.10 0.16 込み 786 なし
Funds-i 0.55 0.58 × 136 なし
インデックスe 0.50 0.54 込み 173 なし

実質コストを計算しなおしたシリーズは、たわら、i-SMT、Funds-iです。大きな悪化などありませんでした。

私のおすすめはeMAXIS slimとニッセイです。

先進国債券

インデックスシリーズ名 信託報酬 実質コスト 純資産総額(億円) 解約コスト
ニッセイ 0.14 0.18 124 なし
たわら 0.17 0.18 116 なし
iFree 0.18 0.21 18 なし
三井住友DC 0.21 0.24 656 なし
SMT 0.50 0.53 185 0.05%
eMAXIS 0.60 0.61 113 なし
eMAXIS slim 0.14 0.15 73 なし
Funds-i 0.55 0.56 20 なし
インデックスe 0.50 0.52 32 なし

実質コストを計算しなおしたシリーズは、たわら、Funds-iです。大きな悪化などありませんでした。

最終的な投資の判断は、自分で確認してから行うようにしてください。

私からのおすすめは、eMAXIS slimシリーズです。

インデックス投資は比較的簡単にできる投資法ですが、ある程度の勉強はしてからにしましょうね。原理がわからないと長くは続けられない投資法です。

フクリの堅実な資産運用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. tokumei より:

    たわら先進国株式の信託報酬は0.10です。

    • FUKURI777 より:

      tokumeiさん ご指摘ありがとうございます。9月の信託報酬の引き下げを反映していませんでした。

FUKURI777 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.