2020年1月のインデックスファンド比較表(国内株式・債券)【実質コスト・純資産】

インデックスファンド比較表を久々に更新してみます。

この表はなかなか手間がかかるので、いくつかの記事に分けてみたいと思います。

きっとその方が定期的に更新できると思うので、そうします。

インデックスファンドシリーズを選ぶ際に、参考にして頂けたらうれしいです。また、自分の積み立てしているファンドのコスト・人気度を再確認してみてください。

(スマートフォンでは見にくいこともあるらしいので、その場合はパソコンからご覧になってください。)

2020年1月のインデックスファンド比較表(国内株式・債券)

国内株式(TOPIX)

インデックスシリーズ名 信託報酬 実質コスト 配当込み 純資産総額(億円)
ニッセイ 0.14 0.15 込み 274
たわら 0.17 0.17 込み 14
iFree 0.14 0.15 × 15
三井住友DC 0.16 0.18 込み 323
SMT 0.37 0.37 × 148
i-SMT 0.17 0.17 × 1
eMAXIS 0.40 0.40 込み 179
eMAXIS slim 0.14 0.14 込み 135
Funds-i 0.40 0.40 × 27
インデックスe 0.37 0.37 込み 32
SMTは解約コスト0.05%あり

今回は、たわら、iFree、Funds-iを更新しましたが、大きな変動はありませんでした。

国内債券

インデックスシリーズ名 信託報酬 実質コスト 純資産総額(億円)
ニッセイ 0.12 0.12 82
たわら 0.14 0.14 127
iFree (注1) 0.12 0.12 2
三井住友 0.16 0.16 777
SMT 0.37 0.37 245
eMAXIS 0.40 0.40 142
eMAXIS slim 0.12 0.12 82
Funds-i 0.40 0.40 44
インデックスe 0.37 0.38 19
(注1) iFreeは新発国債10年利回りが1%以上になるとコストが上昇します。
SMTは解約コスト0.05%あり

たわら、Funds-iの実質コストを更新しましたが、大きな変動はありませんでした。

最終的な投資の判断は、自分で確認してから行うようにしてください。

私からのおすすめは、eMAXIS slimシリーズです。

インデックス投資は比較的簡単にできる投資法ですが、ある程度の勉強はしてからにしましょうね。原理がわからないと長くは続けられない投資法です。

フクリの堅実な資産運用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.