つみたてNISAで投資をしている楽天VTの実質コストがかなり低下。

私はつみたてNISAで楽天VT(楽天・全世界株式インデックスファンド)への積み立て投資を行っています。

つみたてNISAの現時点での投資成績はこちらで公開しています。

つみたてNISA(楽天VT)の1年8か月目の投資成績はどうなった?

この全世界株式というクラスは、楽天VTとeMAXIS slim全世界株式の二強となっています。資産額では楽天VTがリードしていますが、コスト面を考えるとeMAXIS slimが優れています。

この楽天VTというファンドがスタートしてから、実質コストがかなり高いということで投資家から不評でした。積み立てをしている私も、かなりコスト面で心配していました。

運用報告書が更新され、実質コストが更新されました。

実質コストは0.46%⇒0.31%へと改善がみられました。(計算ミスがあり、9/16に数値を修正しました。)

全世界株式のコスト比較表がこちら

インデックスシリーズ名 信託報酬 実質コスト 純資産総額(億円)
楽天VT 0.21 0.31 258
SBI・全世界株式 0.11 0.30 33
eMAXIS slim 0.12 0.22 65
たわら 0.12 1

楽天VTはもともとの信託報酬を下げなければ、eMAXIS slimに駆逐されかねないと心配してます。つみたてNISAで何十年も投資を続けたいので、とにかく楽天VTにはコストを下げてもらい、長寿のファンドになってほしいと願っています。

これから積み立てをスタートするのであれば、eMAXIS slimの方が無難です。eMAXIS slimをおすすめしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.