(修正版)2019年4月のインデックスファンドシリーズ比較表!【実質コスト・純資産付き】

☆eMAXIS (+slim)シリーズの指数が配当込みになりました。さらにeMAXIS slimシリーズの信託報酬が改良されたので、記事を更新します。

 

eMAXIS(slim)シリーズがインデックスファンドのトップへ!

 

2019年4月のインデックスファンドシリーズの性能を、コスト・純資産の観点から比較してみます。おすすめのファンドは赤字にしてあります!

 

インデックスファンドシリーズを選ぶ際に、コスト面やファンドの持続性の観点から参考にして頂けたらうれしいです。また、自分の積み立てしているファンドのコスト・人気度を再確認してみてください。

 

(スマートフォンでは見にくいこともあるらしいので、その場合はパソコンからご覧になってください。)

 

2019年4月のインデックスファンドシリーズ比較表

 

国内株式(TOPIX)

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日
ニッセイ0.160.17込み2272019/2/20
たわら0.170.18込み112018/10/12
iFree0.160.17×102018/9/19
三井住友DC0.160.18込み2272018/11/30
SMT0.370.37×1442018/5/10
i-SMT0.170.17×12018/10/22
eMAXIS0.400.40込み1872019/1/28
eMAXIS slim0.14 0.14 込み772018/4/25
Funds-i0.400.40×312018/9/6
インデックスe0.370.37込み322019/1/22
SMTは解約コスト0.05%あり

 

ニッセイ、eMAXIS、インデックスeのコストを更新しましたが、大きな変化はありませんでした。

国内債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日
ニッセイ0.140.14692018/11/20
たわら0.140.15872018/10/12
iFree (注1)0.140.1422018/11/30
三井住友0.160.167062018/6/20
SMT0.370.372132018/5/10
eMAXIS0.400.401362019/1/28
eMAXIS slim0.140.14322018/4/25
Funds-i0.400.40402018/9/6
インデックスe0.370.38202019/1/22
(注1) iFreeは新発国債10年利回りが1%以上になるとコストが上昇します。
SMTは解約コスト0.05%あり

 

eMAXIS、インデックスeのコストを更新しましたが、大きな変化はありませんでした。

先進国株式

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.11 0.16 込み11962018/11/20なし
たわら0.200.23込み3342018/10/12なし
iFree0.190.25×212018/11/30なし
SMT0.500.53×6862018/5/100.05%
i-SMT0.190.23×12018/10/22なし
eMAXIS0.600.67込み3922019/1/280.05%
eMAXIS slim0.11 0.16 込み3752018/4/25なし
Funds-i0.550.58×1152018/9/6なし
インデックスe0.500.54込み1632019/2/7なし

 

eMAXISとインデックスeの実質コストを更新し、わずかにコストは悪化していました。

 

先進国債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.170.221042018/11/20なし
たわら0.170.18722018/10/12なし
iFree0.180.21152018/11/30なし
三井住友DC0.210.246152018/4/2なし
SMT0.500.531722018/5/100.05%
eMAXIS0.600.611252019/1/28なし
eMAXIS slim0.140.15372018/4/25なし
Funds-i0.550.56192018/9/6なし
インデックスe0.500.52322019/2/7なし

 

eMAXISとインデックスeの実質コストを更新しましたが、ほとんど変化はありませんでした。

新興国株式

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.191.03込み102018/11/20なし
たわら0.340.60込み572018/10/120.3%
iFree0.340.71×242018/7/5なし
三井住友DC0.561.20込み192018/11/30なし
SMT0.600.77×2102018/5/100.3%
i-SMT0.330.53×0.42018/10/220.3%
eMAXIS0.600.76込み3362019/1/280.3%
eMAXIS slim0.190.33込み1562018/4/25なし
Funds-i0.600.76込み472018/9/60.3%

 

eMAXISのコストを更新し、わずかにコストは悪化しました。eMAXIS slimの純資産が伸びましたね!

新興国債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日解約コスト
iFree0.220.39242018/7/5なし
SMT0.600.71712018/5/100.05%
eMAXIS0.600.70582019/1/280.30%
Funds-i0.600.70112018/9/60.30%

 

eMAXISの実質コストを更新し、わずかにコストは良くなっています。それにしてもiFreeのコストは安いですね。

 

国内REIT(J-REIT)

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.250.26込み982018/7/2なし
たわら0.250.30込み452018/10/12なし
iFree0.290.29込み32018/9/18なし
SMT0.400.40込み2062018/5/100.05%
eMAXIS0.400.40込み1172019/1/280.30%
Funds-i0.400.40込み592018/9/60.30%

 

eMAXISの実質コストを更新し、わずかにコストは改善されています。

 

海外REIT

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.270.44込み632018/11/20なし
たわら0.270.47込み472018/10/12なし
iFree0.310.48×22018/11/30なし
SMT0.550.61込み1692018/5/100.05%
eMAXIS0.600.72込み1022019/1/280.30%
Funds-i0.550.62込み332018/9/60.30%

 

まず、ニッセイの実質コストを変更していなかったので更新しました。

 

eMAXISのコストも更新し、コストは悪化していました。

 

全世界株式

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスまたはMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに連動するファンドです。

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日解約コスト
楽天VT0.230.502062018/7/17なし
SBI・全世界株式0.150.42282018/11/12なし
eMAXIS slim0.14212019/4/25なし

 

大きな変化はありませんでした。

全世界株式(除く日本)

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)に連動するファンドです。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日解約コスト
eMAXIS slim0.14522019/4/25なし
野村つみたて0.190.25712018/5/14なし
三井住友DC0.250.381382018/11/30なし
eMAXIS0.600.68842019/1/280.05%

 

eMAXISの実質コストを更新し、やや悪化していました。

 

全世界株式(除く日本)のアセットは、全体的に純資産総額が伸びており、人気のあるアセットだと気づきました。

 

今月の雑感

 

たわらシリーズの先進国株式と先進国債券の純資産が急激に伸びました。理由はわからないのですが、なにかあったのでしょうか(iDeCo?)。

 

eMAXISの実質コストを更新しましたが、全体的にやや悪化傾向でした。eMAXIS slimはどうなっているのか気になるところです。

 

今月のおすすめインデックスファンドシリーズも、eMAXIS slimシリーズですね。最低の信託報酬を保証する方針は、長期保有を前提としたインデックス投資家としては安心感があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました