2019年1月のインデックスファンドシリーズ比較表!【実質コスト・純資産付き】

 

 

 

2019年1月のインデックスファンドシリーズの性能を、コスト・純資産の観点から比較してみようと思います。

 

インデックスファンドシリーズを選ぶ際に、参考にして頂けたらうれしいです。また、自分の積み立てしているファンドのコスト・人気度を再確認してみてください。

 

(スマートフォンでは見にくいこともあるらしいので、その場合はパソコンからご覧になってください。)

 

2019年1月のインデックスファンドシリーズ比較表

 

国内株式(TOPIX)

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日
ニッセイ0.180.19込み2092018/2/20
たわら0.170.18込み92018/10/12
iFree0.160.17×92018/9/19
三井住友DC0.160.17込み1982017/11/30
SMT0.370.37×1422018/5/10
i-SMT0.170.17×12018/10/22
eMAXIS0.400.40×1902018/1/26
eMAXIS slim0.160.16×642018/4/25
Funds-i0.400.40×312018/9/6
インデックスe0.370.37込み312018/1/22
SMTは解約コスト0.05%あり

 

国内債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日
ニッセイ0.140.14652018/11/20
たわら0.140.15712018/10/12
iFree (注1)0.140.1422017/11/30
三井住友0.160.166612018/6/20
SMT0.370.372052018/5/10
eMAXIS0.400.401372018/1/26
eMAXIS slim0.140.14272018/4/25
Funds-i0.400.40352018/9/6
インデックスe0.370.38202018/1/22
(注1) iFreeは新発国債10年利回りが1%以上になるとコストが上昇します。
SMTは解約コスト0.05%あり

 

ニッセイの実質コストを更新しました。少し実質コストは安くなっています。

先進国株式

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.110.16込み10362018/11/20なし
たわら0.200.23込み2822018/10/12なし
iFree0.190.26×182017/11/30なし
SMT0.500.53×6222018/5/100.05%
i-SMT0.190.23×12018/10/22なし
eMAXIS0.600.66×3412018/1/260.05%
eMAXIS slim0.110.16×3062018/4/25なし
Funds-i0.550.58×1052018/9/6なし
インデックスe0.500.53込み1472018/2/7なし

ニッセイの実質コストを更新しましたが、大きな変化はありません。eMAXIS slimの資産額がかなり増えている印象です。

 

先進国債券

 

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.170.22982018/11/20なし
たわら0.170.18592018/10/12なし
iFree0.180.21142017/11/30なし
三井住友DC0.210.245852018/4/2なし
SMT0.500.531672018/5/100.05%
eMAXIS0.600.611342018/1/26なし
eMAXIS slim0.170.19302018/4/25なし
Funds-i0.550.56182018/9/6なし
インデックスe0.500.52332018/2/7なし

 

ニッセイの実質コストを更新しましたが、大きな変化はありません。

 

新興国株式

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.191.03込み82018/11/20なし
たわら0.340.60込み502018/10/120.3%
iFree0.340.71×212018/7/5なし
三井住友DC0.560.72込み172017/11/30なし
SMT0.600.77×1932018/5/100.3%
i-SMT0.330.53×0.22018/10/220.3%
eMAXIS0.600.75×3092018/1/260.3%
eMAXIS slim0.190.33×1212018/4/25なし
Funds-i0.600.76込み442018/9/60.3%

 

ニッセイの新興国株式の実質コストが判明しましたが、かなりの高コストになってしまっています(厳密には正確な計算ではないのですが、高コストであることは確かです)。

 

新興国債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日解約コスト
iFree0.220.39232018/7/5なし
SMT0.600.71692018/5/100.05%
eMAXIS0.600.71582018/1/260.30%
Funds-i0.600.7092018/9/60.30%

新興国債券は大きな変化はありませんでした。

 

国内REIT(J-REIT)

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.250.26込み912018/7/2なし
たわら0.250.30込み362018/10/12なし
iFree0.290.29込み42017/9/15なし
SMT0.400.40込み1832018/5/100.05%
eMAXIS0.400.41込み1082018/1/260.30%
Funds-i0.400.40込み592018/9/60.30%

 

こちらも大きな変化はありません。

海外REIT

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額(億円)決算日解約コスト
ニッセイ0.270.35込み532018/1/18なし
たわら0.270.47込み372018/10/12なし
iFree0.310.56×22017/11/30なし
SMT0.550.61込み1502018/5/100.05%
eMAXIS0.600.66込み862018/1/260.30%
Funds-i0.550.62込み312018/9/60.30%

 

こちらも大きな変化はありません。

全世界株式

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスまたはMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに連動するファンドです。

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日解約コスト
楽天VT0.230.501542018/7/17なし
SBI・全世界株式0.150.42172018/11/12なし
eMAXIS slim0.1462019/4/25なし

 

SBI・全世界株式の実質コストを更新しました。実質コストも優れているみたいですね。

全世界株式(除く日本)

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)に連動するファンドです。

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額(億円)決算日解約コスト
eMAXIS slim0.14372019/4/25なし
野村つみたて0.190.25522018/5/14なし
三井住友DC0.250.341092017/11/30なし
eMAXIS0.600.67762018/1/260.05%

 

大きな変化はありません。

 

今月の雑感

 

ニッセイシリーズの実質コストを更新しました。新興国株式が予想以上の高コストであったことが驚きでした。

 

今月のおすすめインデックスファンドシリーズも、eMAXIS slimシリーズですね。最低の信託報酬を保証する方針は、長期保有を前提としたインデックス投資家としては安心感があります。

 

(厳密な計算が必要な点がいくつかありますが、そこまでは計算できていません。もし積み立てファンドを選ぶ場合は、ご自身で計算をしなおしてください。ただし、大きな間違いはないと思いますので、この表からファンドの優劣は選べると思います。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました