2018年9月のインデックスファンドシリーズ比較表!【実質コスト・純資産付き】

 

 

2018年9月のインデックスファンドシリーズの性能を、コスト・純資産の観点から比較してみます。今月は、iFreeシリーズシリーズの新興国株式・債券の実質コストを更新しました。去年よりも実質コストは下がっており、運用が改善されているようです。

 

インデックスファンドシリーズを選ぶ際に、コスト表を参考にして頂けたらうれしいです。また、自分の積み立てしているファンドのコスト・人気度を再確認してみてください。

 

(スマートフォンでは見にくいこともあるらしいので、その場合はパソコンからご覧になってください。)

 

スポンサーリンク

2018年9月のインデックスファンドシリーズ比較表

 

国内株式(TOPIX)

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日
ニッセイ0.180.19込み203億円2018/2/20
たわら0.180.20込み7億円2017/10/12
iFree0.170.18×7億円2017/9/19
三井住友DC0.160.17込み178億円2017/11/30
SMT0.370.37×154億円2017/11/10
i-SMT0.17未定×0.7億円2018/10/22
eMAXIS0.400.40×201億円2018/1/26
eMAXIS slim0.160.16×43億円2018/4/25
Funds-i0.400.40×29億円2017/9/6
インデックスe0.370.37込み35億円2018/1/22

 

国内債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.150.1566億円2017/11/20なし
たわら0.150.1560億円2017/10/12なし
iFree (注1)0.140.141億円2017/11/30なし
三井住友0.160.16633億円2017/6/20なし
SMT0.370.37189億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.400.40139億円2018/1/26なし
eMAXIS slim0.140.1420億円2018/4/25なし
Funds-i0.400.4036億円2017/9/6なし
インデックスe0.370.3820億円2018/1/22なし
(注1) iFreeは新発国債10年利回りが1%以上になるとコストが上昇します。

 

先進国株式

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.110.16込み1023億円2017/11/20なし
たわら0.230.26込み279億円2017/10/12なし
iFree0.190.26×17億円2017/11/30なし
三井住友DC (注1)0.250.34込み95億円2017/11/30なし
SMT0.500.54×686億円2017/11/100.05%
i-SMT0.19未定×0.7億円2018/10/22なし
eMAXIS0.600.66×376億円2018/1/260.05%
eMAXIS slim0.110.16×216億円2018/4/25なし
Funds-i0.550.57×105億円2017/9/6なし
インデックスe0.500.53込み168億円2018/2/7なし
 (注1)三井住友DCは約10%の新興国株式を含みます。

 

先進国債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.170.2294億円2017/11/20なし
たわら0.200.2245億円2017/10/12なし
iFree0.180.2113億円2017/11/30なし
三井住友DC0.210.24582億円2018/4/2なし
SMT0.500.53168億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.600.61140億円2018/1/26なし
eMAXIS slim0.170.1924億円2018/4/25なし
Funds-i0.550.5618億円2017/9/6なし
インデックスe0.500.5234億円2018/2/7なし

 

新興国株式

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.19未定込み6億円2018/11/20なし
たわら0.500.70込み46億円2017/10/120.3%
iFree0.340.71×18億円2018/7/5なし
三井住友DC0.560.72込み15億円2017/11/30なし
SMT0.600.82×188億円2017/11/100.3%
i-SMT0.33未定×0.2億円2018/10/220.3%
eMAXIS0.600.75×317億円2018/1/260.3%
eMAXIS slim0.190.33×86億円2018/4/25なし
Funds-i0.600.78込み44億円2017/9/60.3%

 

 

新興国債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
iFree0.220.3920億円2018/7/5なし
SMT0.500.5363億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.600.7156億円2018/1/260.30%
Funds-i0.600.718億円2017/9/60.30%

 

 

国内REIT(J-REIT)

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.250.26込み86億円2018/7/2なし
たわら0.300.30込み27億円2017/10/12なし
iFree0.290.30込み3億円2017/9/15なし
SMT0.400.40込み177億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.400.41込み108億円2018/1/260.30%
Funds-i0.400.41込み58億円2017/9/60.30%

 

海外REIT

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.270.35込み56億円2018/1/18なし
たわら0.350.46込み36億円2017/10/12なし
iFree0.310.56×2億円2017/11/30なし
SMT0.550.60込み157億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.600.66込み92億円2018/1/260.30%
Funds-i0.550.67込み33億円2017/9/60.30%

 

 

今月の雑感

 

今月もですが、おすすめのファンドはニッセイシリーズとeMAXIS slimシリーズです。この2つのどちらかに積み立てしておくことをおすすめします。

 

それからニッセイ先進国株式の純資産総額が1000億円を突破しました!おめでとうございます。私はiDeCoでDCニッセイ先進国株式に投資をしているので、とてもうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました