2018年6月のインデックスファンドシリーズ比較表!【実質コスト・純資産付き】

最近、サッカーW杯テレビ観戦とスプラトゥーン2にはまってしまい、あまりブログが更新できていません。どちらも廃人になるぐらいはまっております。

 

2018年6月のインデックスファンドシリーズの性能を、コスト・純資産の観点から比較してみようと思います。

 

インデックスファンドシリーズを選ぶ際に、参考にして頂けたらうれしいです。また、自分の積み立てしているファンドのコスト・人気度を再確認してみてください。

 

(スマートフォンでは見にくいこともあるらしいので、その場合はパソコンからご覧になってください。)

 

スポンサーリンク

2018年6月のインデックスファンドシリーズ比較表

 

国内株式(TOPIX)

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日
ニッセイ0.180.19込み175億円2018/2/20
たわら0.180.20込み6億円2017/10/12
iFree0.170.18×6億円2017/9/19
三井住友DC0.160.17込み149億円2017/11/30
SMT0.370.37×143億円2017/11/10
i-SMT0.17未定×0.5億円2018/10/22
eMAXIS0.400.40×209億円2018/1/26
eMAXIS slim0.16未定×28億円2018/4/25
Funds-i0.400.40×26億円2017/9/6
インデックスe0.370.37込み34億円2018/1/22

 

国内債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.150.1563億円2017/11/20なし
たわら0.150.1550億円2017/10/12なし
iFree (注1)0.140.141億円2017/11/30なし
三井住友0.160.16615億円2017/6/20なし
SMT0.370.37173億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.400.40132億円2018/1/26なし
eMAXIS slim0.14未定17億円2018/4/25なし
Funds-i0.400.4034億円2017/9/6なし
インデックスe0.370.3820億円2018/1/22なし
(注1) iFreeは新発国債10年利回りが1%以上になるとコストが上昇します。

 

先進国株式

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.110.20込み905億円2017/11/20なし
たわら0.230.26込み236億円2017/10/12なし
iFree0.190.26×13億円2017/11/30なし
三井住友DC (注1)0.250.34込み81億円2017/11/30なし
SMT0.500.54×644億円2017/11/100.05%
i-SMT0.19未定×0.6億円2018/10/22なし
eMAXIS0.600.66×349億円2018/1/260.05%
eMAXIS slim0.19未定×144億円2018/4/25なし
Funds-i0.550.57×97億円2017/9/6なし
インデックスe0.500.53込み159億円2018/2/7なし
 (注1)三井住友DCは約10%の新興国株式を含みます。

 

2018/6/29 ニッセイインデックスファンドコスト引き下げのため、数値を更新しています。

ニッセイインデックスファンドシリーズ6ファンドはコストが下がります!
私がおすすめしているインデックスファンドシリーズは、ニッセイとeMAXIS slimです。インデックスフ...

先進国債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.170.2289億円2017/11/20なし
たわら0.200.2237億円2017/10/12なし
iFree0.180.2112億円2017/11/30なし
三井住友DC0.210.24565億円2018/4/2なし
SMT0.500.53160億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.600.61159億円2018/1/26なし
eMAXIS slim0.17未定18億円2018/4/25なし
Funds-i0.550.5617億円2017/9/6なし
インデックスe0.500.5234億円2018/2/7なし

 

新興国株式

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.19未定込み4億円2018/11/20なし
たわら0.500.70込み45億円2017/10/120.3%
iFree0.341.23×16億円2017/7/5なし
三井住友DC0.560.72込み15億円2017/11/30なし
SMT0.600.82×187億円2017/11/100.3%
i-SMT0.33未定×0.2億円2018/10/220.3%
eMAXIS0.600.75×328億円2018/1/260.3%
eMAXIS slim0.19未定×65億円2018/4/25なし
Funds-i0.600.78込み44億円2017/9/60.3%

 

2018/6/29 ニッセイインデックスファンドコスト引き下げのため、数値を更新しています。

ニッセイインデックスファンドシリーズ6ファンドはコストが下がります!
私がおすすめしているインデックスファンドシリーズは、ニッセイとeMAXIS slimです。インデックスフ...

新興国債券

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
iFree0.220.4218億円2017/7/5なし
SMT0.500.5361億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.600.7155億円2018/1/260.30%
Funds-i0.600.718億円2017/9/60.30%

 

 

国内REIT(J-REIT)

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.250.26込み90億円2017/6/27なし
たわら0.300.30込み24億円2017/10/12なし
iFree0.290.30込み3億円2017/9/15なし
SMT0.400.40込み175億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.400.41込み110億円2018/1/260.30%
Funds-i0.400.41込み57億円2017/9/60.30%

 

海外REIT

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.270.35込み49億円2018/1/18なし
たわら0.350.46込み27億円2017/10/12なし
iFree0.310.56×2億円2017/11/30なし
SMT0.550.60込み143億円2017/11/100.05%
eMAXIS0.600.66込み90億円2018/1/260.30%
Funds-i0.550.67込み32億円2017/9/60.30%

 

 

今月の雑感

 

今月は、実質コストの更新などはありませんでした。新興国株式の資産残高が減少しており、新興国株式のパフォーマンスの低下を感じました。

 

新興国株式に関して相互リンク先の神経内科医ちゅり男のブログさんの記事が印象に残りましたので、ぜひお読みください。下記に記事リンクを貼っておきます。

参考記事:2018年は高配当ディフェンシブ銘柄と新興国市場が不調です

 

おすすめのインデックスファンドシリーズは、ニッセイシリーズとeMAXIS slimシリーズです。どちらかを積み立てておけば、オッケーです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました