2018年2月のインデックスファンドシリーズ比較表!【実質コスト・純資産付き】

 

2018年2月のインデックスファンドシリーズの性能を、コスト・純資産の観点から比較してみようと思います。

 

インデックスファンドシリーズを選ぶ際に、参考にして頂けたらうれしいです。また、自分の積み立てしているファンドのコストを再確認してください。

 

スポンサーリンク

2018年2月のインデックスファンドシリーズ比較表

 

国内株式(TOPIX)

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日
ニッセイ0.180.19込み143億円2017/2/20
たわら0.180.20込み4億円2017/10/12
iFree0.170.18×4億円2017/9/19
三井住友DC0.160.17込み107億円2017/11/30
SMT0.370.37×134億円2017/5/10
i-SMT0.17未定×0.4億円2018/10/22
eMAXIS0.400.40×216億円2017/1/26
eMAXIS slim0.16未定×16億円2018/4/25
Funds-i0.400.40×28億円2017/9/6
インデックスe0.370.38込み33億円2017/1/23

国内債券

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.150.1558億円2016/11/21なし
たわら0.150.1538億円2017/10/12なし
iFree (注1)0.140.141億円2017/11/30なし
三井住友0.160.16589億円2017/6/20なし
SMT0.370.37158億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.400.40144億円2017/1/26なし
eMAXIS slim0.14未定12億円2018/4/25なし
Funds-i0.400.4052億円2017/9/6なし
インデックスe0.370.3821億円2017/1/23なし
(注1) iFreeは新発国債10年利回りが1%以上になるとコストが上昇します。

先進国株式

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.200.29込み763億円2017/1/18なし
たわら0.230.26込み190億円2017/10/12なし
iFree0.190.26×10億円2017/11/30なし
三井住友DC (注1)0.250.34込み65億円2017/11/30なし
SMT0.500.54×604億円2017/5/100.05%
i-SMT0.19未定×0.3億円2018/10/22なし
eMAXIS0.600.69×342億円2017/1/260.05%
eMAXIS slim0.19未定×51億円2018/4/25なし
Funds-i0.550.57×76億円2017/9/6なし
インデックスe0.500.54込み152億円2017/2/7なし
 (注1)三井住友DCは約10%の新興国株式を含みます。

先進国債券

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.170.2282億円2017/1/18なし
たわら0.200.2227億円2017/10/12なし
iFree0.180.2117億円2017/11/30なし
三井住友DC0.210.25556億円2017/3/31なし
SMT0.500.53156億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.600.61179億円2017/1/26なし
eMAXIS slim0.17未定13億円2018/4/25なし
Funds-i0.550.5616億円2017/9/6なし
インデックスe0.500.5134億円2017/2/7なし

新興国株式

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.34未定込み2.9億円2018/11/20なし
たわら0.500.70込み41億円2017/10/120.3%
iFree0.341.23×14億円2017/7/5なし
三井住友DC0.560.72込み14億円2017/11/30なし
SMT0.600.82×194億円2017/5/100.3%
i-SMT0.33未定×0.2億円2018/10/220.3%
eMAXIS0.600.77×346億円2017/1/260.3%
eMAXIS slim0.19未定×39億円2018/4/25なし
Funds-i0.600.78込み44億円2017/9/60.3%

 

新興国債券

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
iFree0.220.4215億円2017/7/5なし
SMT0.500.5362億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.600.7161億円2017/1/260.30%
Funds-i0.600.718億円2017/9/60.30%

国内REIT(J-REIT)

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.250.26込み82億円2017/6/27なし
たわら0.300.30込み19億円2017/10/12なし
iFree0.290.30込み3億円2017/9/15なし
SMT0.400.40込み169億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.400.41込み109億円2017/1/260.30%
Funds-i0.400.41込み57億円2017/9/60.30%

海外REIT

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.270.33込み42億円2017/1/18なし
たわら0.350.46込み20億円2017/10/12なし
iFree0.310.56×1億円2017/11/30なし
SMT0.550.60込み120億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.600.68込み84億円2017/1/260.30%
Funds-i0.550.67込み27億円2017/9/60.30%

 

今月の雑感

 

おすすめはニッセイシリーズとeMAXIS slimはかわらないのですが、投資家にはeMAXIS slimの方が人気がある印象です。最低の信託報酬を保証する方針は、長期保有を前提としたインデックス投資家は安心感がありますね。

 

また、比較的新しいシリーズである『i-SMTシリーズ』がどこまで投資家に受け入れられるのか楽しみにしています。

 

eMAXIS slimシリーズを主に利用する方が、ニッセイシリーズを利用するよりも有利なのかなと思い始めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました