投資しないお金を確保することが、投資で生き残る秘訣。

 

インデックス投資は必ず儲かると妄信してしまう投資家がいます。

 

特に、今のような好調な株式相場に慣れてしまうと、株価が下落するサイクルが永遠にこないと思ってしまいます。

 

株価にはサイクルがあって、株価が上がったあとには必ず下がる時がきます。ブームになっている米国株でさえ、そのうち暗黒時代がやってくることでしょう。

 

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

バフェット太郎
1,590円(04/09 20:20時点)
発売日: 2018/04/28
Amazonの情報を掲載しています

 

 

 

必ず投資しないお金を確保すること

 

私がインデックス投資を始めた時、ほったらかし投資術から投資しないお金を確保すること(=生活防衛資金)を知りました。

 

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

山崎 元, 水瀬ケンイチ
800円(04/10 07:14時点)
発売日: 2015/06/12
Amazonの情報を掲載しています

 

 

リーマンショッククラスの暴落が訪れた時、病気になった時、仕事をやめなければならなくなった時に、生活防衛資金が私たちを救ってくれます。

 

投資を安定したメンタルで続けるためには、この生活防衛資金の確保がとても重要になります。メンタルが不安定だと、堅実な投資をすることができず、投資方針が狂う原因になります。

 

生活防衛資金がない状態で投資をしている状態は、ゴールキーパーのいない状態でサッカーをしているようなものです。もしくは敵の本陣に全兵力を集中させて攻め込むようなものです。おそらく大失敗します。

 

この生活防衛資金の額は、投資家によってまちまちです。私は300万~400万円を確保するようにしています。他のインデックス投資家は、生活費の6か月分だったり2年分の金額を確保していたりします。

 

もちろん投資のリターンを追求することは大事なことですが、常に資産を守るという気持ちを大事にしていたいと思っています。少々リターンが低下したとしても、大失敗しない投資を続けていきたいと心がけています。

 

みなさんも、安全な投資をするように心がけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました