確定拠出年金が65歳まで加入可能?給付開始がどうなるのか不安。

厚労省が、確定拠出年金のリニューアルを目指しているそうです。

日本経済新聞のニュースを引用しますと、

掛け金を65歳まで払えるようにし、加入手続きも簡素にする方向だ。払い込める期間が長くなれば、老後に受け取る年金が増える。

企業型と個人型(イデコ)に分かれており、企業型は主に企業が掛け金を拠出する。イデコは個人で払い込む。いずれも加入期間は20~60歳までとなっている。厚労省は企業型と個人型の両方を20~65歳までとする方針だ。

イデコの加入手続きはインターネットで済むようにする考えだ。現在は加入希望者が金融機関の店頭や郵送で申込書類を出す必要がある。

厚労省が目指している方向は、とてもよいと思います。確定拠出年金(iDeCo)に掛け金を払える期間が長いほど、老後のお金を準備しやすくなります。

また、iDeCoは住所変更などは、紙ベースの運用となっています。書類を送ってもらい、それを送り返さなければなりません。オンラインでいろいろなことができるようになればいいですね。

心配な点は、給付はいつからになるのでしょうか?現在は、60歳で給付を開始できますが、これも65歳になってしまうのか心配をしています。60歳からは受け取り可能にしてほしいと思います。

私からの要望として、金融機関の移動をスムーズに、そして低コストで可能な制度にしてほしいです。金融機関を変更するには月の単位で時間がかかりますし、コストも数千円かかっています。このあたりをぜひ改善してほしいと思います。

ちなみにつみたてNISAの積み立て期間も、20年から30~40年にしてほしいです。でも、これは金融庁ですね!

厚労省は金融庁のように、個人投資家からの意見を吸い上げ、新制度をより良いものにしてほしいです。でも、見直そうとする姿勢は、とてもナイスです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.