2017年11月のインデックスファンドシリーズ比較表!実質コスト・純資産付き。

 

当ブログでもインデックスファンドの比較表を作成しました。過去に何度か取り組んだことがあり、何度も挫折しましたがようやく完成させることができました。

 

インデックスファンドを選ぶときは恋人を選ぶように、ずっと付き合っていける安心なファンドを選ばなければなりません。その選択基準は、コストが安いこと、ファンドの規模が大きいか大きくなりそうな(人気の)インデックスファンドを選ばなければなりません。個人的なおすすめは、ニッセイシリーズもしくはたわらシリーズです。今後は、eMAXIS slimの人気が高まる可能性があります。

インデックスファンドシリーズ比較表

信託報酬、実質コストは税抜きの数値です。発売して1年が経過していないファンドは、実質コストが未定となっています。また数値に関しては、間違いのないように作成していますが、最終的に投資をする時にはご自身で調べるようにしてください。

国内株式(TOPIX)

まずは、国内株式(TOPIX)からです。ニッセイや三井住友DCがよさそうですね。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日
ニッセイ0.180.19込み125億円2017/2/20
たわら0.18未定込み2億円2017/10/12
iFree0.17未定×3億円2017/9/19
三井住友DC0.160.17込み91億円2016/11/30
SMT0.370.37×133億円2017/5/10
eMAXIS0.400.40×228億円2017/1/26
eMAXIS slim0.16未定×8億円2018/4/25
Funds-i0.400.40×19億円2017/9/6
インデックスe0.370.38込み35億円2017/1/23

 

 

国内債券

国内債券の比較表になります。おすすめを選ぶのは難しいですね。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.150.156億円2016/11/21なし
たわら0.150.1532億円2016/10/12なし
iFree (注1)0.140.191億円2016/11/30なし
三井住友DC0.160.16582億円2017/6/20なし
SMT0.370.37144億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.400.40158億円2017/1/26なし
eMAXIS slim0.14未定8億円2018/4/25なし
Funds-i0.400.4054億円2017/9/6なし
インデックスe0.370.3821億円2017/1/23なし
(注1) iFreeは新発国債10年利回りが1%以上になるとコストが上昇します。

 

先進国株式

 

先進国株式の比較です。ニッセイとたわらがおすすめです。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.200.29込み689億円2017/1/18なし
たわら0.230.26込み165億円2016/10/12なし
iFree0.190.27×9億円2016/11/30なし
三井住友DC (注1)0.250.33込み60億円2016/11/30なし
SMT0.500.54×616億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.600.69×358億円2017/1/260.05%
eMAXIS slim0.19未定×21億円2018/4/25なし
Funds-i0.550.57×73億円2017/9/6なし
インデックスe0.500.54込み159億円2017/2/7なし
 (注1)三井住友DCは約10%の新興国株式を含みます。

 

先進国債券

 

先進国債券の比較です。ニッセイ、たわら、三井住友がよさそうです。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.170.2275億円2017/1/18なし
たわら0.200.2121億円2016/10/12なし
iFree0.180.2316億円2016/11/30なし
三井住友DC0.210.25556億円2017/3/31なし
SMT0.500.53158億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.600.61200億円2017/1/26なし
eMAXIS slim0.17未定8億円2018/4/25なし
Funds-i0.550.5616億円2017/9/6なし
インデックスe0.500.5136億円2017/2/7なし

 

 

新興国株式

 

新興国株式の比較です。新興国株式は実質コストと信託報酬の乖離が大きいです。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.34未定込み1億円2018/11/20なし
たわら0.500.73込み36億円2016/10/120.3%
iFree0.341.23×13億円2017/7/5なし
三井住友DC0.560.72込み12億円2016/11/30なし
SMT0.600.82×194億円2017/5/100.3%
eMAXIS0.600.77×352億円2017/1/260.3%
eMAXIS slim0.34未定×17億円2018/4/25なし
Funds-i0.600.78込み44億円2017/9/60.3%

 

 

新興国債券

 

新興国債券の比較です。投資するなら、ifreeがよさそうです。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト純資産総額決算日解約コスト
iFree0.220.4211億円2017/7/5なし
SMT0.500.5359億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.600.7162億円2017/1/260.30%
Funds-i0.600.717億円2017/9/60.30%

 

 

国内REIT(J-REIT)

 

国内REIT(J-REIT)の比較です。ニッセイがおすすめですね。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.250.26込み79億円2017/6/27なし
たわら0.300.31込み16億円2016/10/12なし
iFree0.290.30込み3億円2017/9/15なし
SMT0.400.40込み167億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.400.41込み113億円2017/1/260.30%
Funds-i0.400.41込み58億円2017/9/60.30%

 

海外REIT

 

海外REITの比較です。ニッセイがおすすめです。

 

インデックスシリーズ名信託報酬実質コスト配当込み純資産総額決算日解約コスト
ニッセイ0.270.33込み45億円2017/1/18なし
たわら0.35未定込み1億円2018/10/12なし
iFree0.310.80×1億円2016/11/30なし
SMT0.550.60込み132億円2017/5/100.05%
eMAXIS0.600.68込み99億円2017/1/260.30%
Funds-i0.550.67込み33億円2017/9/60.30%

 

まとめ

 

インデックスファンドシリーズのコスト競争が活発になっており、どれを選べばいいのか難しくなっています。個人的にはシリーズの種類が多いと思いますので、これから淘汰されていくのではないでしょうか。

 

個人的には、積み立てしているニッセイシリーズがおすすめです。ニッセイシリーズであれば規模も大きいですし、コストを下げる努力もしていますので、長く付き合っていけるインデックスファンドシリーズだと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました