MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)

 

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)が気になってしまったので、調べてみました。

 

このインデックスは、先進国株式と新興国株式で構成されていますので、日本株は必要ないけど手軽に国際分散投資をしたい投資家にピッタリです。先進国が87%で新興国が13%となっており、私には絶妙なバランスです。

 

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)について

 

まず、投資先(国)の割合ですが、先進国株式が87%、新興国株式が13%です。しかも配当込みです。

 

 

また、投資先の企業は、もちろん世界有数の株式会社が多く含まれています。大型株と中型株が投資対象となっており、小型株は含まれません。小型株のリターンは大型株よりも優れているという説を信じている私には、少し残念です。

 

銘柄別投資⽐率(上位)

銘柄投資比率(%)
アップル2.2
マイクロソフト1.7
アマゾン1.5
フェイスブック1.0
JPモルガン0.9
エクソンモービル0.8
アルファベット0.8
ジョンソンアンドジョンソン0.8
バンクオブアメリカ0.7

 

国別投資⽐率(上位)

 

国・地域投資比率(%)
アメリカ56.9
イギリス6.1
フランス3.6
ドイツ3.2
カナダ3.2

 

代表的な投資信託

 

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)に連動する代表的な投資信託がこちらになります。

 

信託報酬実質コスト資産額
eMAXIS slim全世界株式(除く日本)0.14%未定24億円
野村つみたて外国株0.19%0.23%41億円
三井住友DC全海外株0.25%0.34%97億円
eMAXIS全世界株式インデックス0.60%0.67%83億円

 

日本株は個別銘柄を少し保有していますので、インデックス投資では日本株の割合を減らさないといけないと悩んできました。例えば、eMAXIS slim全世界株式(除く日本)であれば、私の目的にピッタリなファンドだと感じました。

 

日本株はいらないし、シンプルに国際分散投資をしたい投資家には、このインデックスはとても良い選択肢になるのではないでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました