インデックス投資で損をする日がくる

 

みなさんのインデックス投資の成績はどうですか?

 

 

フクリ
フクリ

私は、絶好調です!!

 

 

私が絶好調ですので、みなさんも絶好調のはずです。

 

このままいくらでもお金が増えていく感覚ではないでしょうか?

 

特に2年以内に投資を始めた方は、投資成績がマイナスになる想像ができなくなっていないでしょうか。

 

そんな方におすすめの記事です。

 

“インデックス投資ブーム”に危うさも、2021年の投資信託展望』という記事を読みました。

 

直販ファンドの先駆けである、さわかみ投信の社長のインタビュー記事です。

 

非課税で積み立て投資ができる「つみたてNISA」の対象商品の多くがインデックスファンドであることから、「インデックス投資はリスクが低く、初心者向き」というイメージが浸透しています。しかし、インデックス投資それ自体がリスクが低いということにはなりません。

 

ここ数年でインデックス投資を始めた人は上昇相場しか経験しておらず、リーマンショックのように長く低迷する下落相場を知りません。次に大きな下落局面が来た時に、経験の乏しいインデックス投資家が持ちこたえられるかが心配ですし、その時に「やっぱり投資なんてギャンブルだ」と思われてしまう可能性があることにも強い危機感を感じています。

 

相場は常に動くものであり、上昇すれば下落もします。投資はブームでなく生活の一部であるべきで、上がっても下がっても投資は続けるものであることを理解してもらう投資教育をもっと充実させる必要があると感じています。

(上記リンク記事の一部を引用・一部改変しています)

 

 

まず、アクティブファンドのさわかみファンドはおすすめしないです。

 

しかし、さわかみファンドは直販投信という道を切り開き、長期投資をすすめるなどのファンドの哲学を評価しております。

 

そして、上記の引用部分は、大事なポイントです。

 

これからあなたのインデックスファンドが30%以上下落する可能性は十分にあります。

 

特に、外国株式の割合が多い投資家は、株安と円高のダブルパンチになれば、そうとうなお金が消えてなくなります。

 

こんな時こそ、悲観的な場面を想像しておきましょう。

 

リスク資産の比重が多すぎないですか?

 

生活防衛資金は十分にありますか?

 

積み立て額が多すぎませんか?

 

もちろん、私自身も好調な相場に、気持ちがふわふわしています。

 

これから何十年もお付き合いするインデックス投資ですから、途中で撤退するようなことがないように準備をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました