あなたの子供手当がなくなりそう?

 

児童手当(子供手当)の制度変更がどうやら進みそうです。

 

フクリ
フクリ

あなたのもらえるお金が減るかも!

 

今回の一番の問題点は、夫婦の合計の所得を基準にして子供手当が減額されることです。

 

今までは、夫婦の稼ぎが良い方の所得が一定額以上の場合に、減額されていました。

 

だいたい年収が960万円を超えてしまうと、児童手当が月に1万円も減額されます。

 

フクリ
フクリ

夫婦で稼いでいる人は、要注意!

 

我が家は子供が2人なので、一年間に24万円も減額、つまり増税されていました。

 

24万!なんだかすごい金額なので、計算を間違えたかと思いましたが、24万円の減額です。

 

これからは、夫婦2人の稼ぎがおそらく960万円を超してしまえば、子供一人あたり年間で12万円ももらえなくなります。

 

うわさでは、そもそも児童手当をもらえなくなる説もあります。

 

この制度変更が直撃してしまう人は、なんど60万人もいるそうです。

 

あなたも減額、もしくはもらえなくなる可能性があります。

 

所得をある程度コントロールできる働き方をしていなければ、どうにもなりません。

 

夫婦で稼いでいても家計がぎりぎりの人(メタボ家計)は、とにかく家計改善に努めて下さい。

 

メタボ家計を治したいなら、この本を読んでください。

 

あぶない家計簿 日経プレミアシリーズ

あぶない家計簿 日経プレミアシリーズ

横山 光昭
935円(12/01 09:11時点)
発売日: 2018/11/09
Amazonの情報を掲載しています

 

実質的な増税をすることで、待機児童を減らす財源にするそうです。

 

もし本当に60万人に対して増税をするのであれば、待機児童を本気で減らす制度をつくって納得させてほしいです。

 

このようなニュースをきちんと知っておくことで、準備できることがあるはずです。家計のコントロールをしっかりしておきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました