2017年の家計の目標。予算を立てて、それを家族で達成する。

我が家の家計は、様々な固定費を削減することにより2016年は満足できる結果になりました。

家計が改善した要因は、このようなことが挙げられます。

・遠くのハワイより近くのグアム⇒旅行代を倹約

・外でご飯を食べずに、なるべく家で食べる

・オイシックスより近くのオーケーストア⇒オーケーストアは安くて高品質
https://etf-investment.com/?p=1471

2017年は収入の20%ほどの黒字化を目標とすることにしました。20%の黒字化は教育費の占める割合がかなり高い我が家には、高い目標です。しかし、下記の方法でなんとか達成したいと思います。

・予算を立てる⇒家族で共有する⇒結果を確認する

今まではなんとなく予算を立てていましたが、今年からは前年の家計簿を参考にして、現実的な予算案を月ごとに立てていこうと思います。そして、その予算を家族と共有し、結果も共有しようと考えました。

・ふるさと納税は、なるべく米・肉!

ふるさと納税はたくさんの特産品を返礼品として受け取ることができます。2017年は食費改善目的にふるさと納税を行うために、米・肉を中心に返礼品を受け取ろうと思っています。
https://etf-investment.com/?p=1736

・余計なモノはもう買わない

2016年の途中から、シンプルライフ・ミニマリストライフを我が家に少しずつ取り入れています。このライフスタイルをさらに強化していくことで、余計なモノは絶対に買わないように集中していきたいと思います。ただし、必要なモノは、価格が高くても、長く使用できる高品質なモノを購入します。
https://etf-investment.com/?p=1362

・2016年よりもさらに外食回数を減らす

外食を減らせば支出は減りますが、これは妻の家事負担が増えることになります。「余計なモノを買うな!料理を毎日作れ!」では、家計改善に妻の協力が得られません。そこで、私が料理にこだわることにしました。もともと、料理をすることが大好きだったので、レストランで出されるような料理をつくれるように練習してみようと思います。早速、このような本を手に入れてみました。

銀座マルディ グラのストウブ・レシピ 和知徹シェフのワールド・ビストロ料理

銀座マルディ グラのストウブ・レシピ 和知徹シェフのワールド・ビストロ料理

和知 徹
1,760円(07/05 00:19時点)
発売日: 2015/09/12
Amazonの情報を掲載しています

このような方法で、2017年はさらなる家計改善を行おうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.