年金2000万円足りないと国に文句を言う暇があるなら、資産を作ろう!

 

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」が、マスコミと野党に利用されて政権を攻撃する材料になっています。

 

この素晴らしい報告書の一部分を抜き取って、「年金が2000万円足りない!国はどう責任をとるつもりなんだ!」と騒いでいるらしいのです。この報告書を読んで、どうしてその結論になるのか不思議です。

 

マスコミと野党は、義務教育を受けてきたのでしょうか?あまりにも知的なレベルが低い。そして、国民の一部は年金返せというデモをやるらしいのですが、本気なのでしょうか。そのデモに参加されるちょっとおかしな方々を見学しに行こうかなとも思っています。

 

そもそもこの報告書は、

 

今のおじいちゃんおばあちゃんは、毎月5万円ぐらい家計が赤字です。だから今の働いている人たちは、毎月5万円ぐらいは自分たちでなんとかしないといけませんよ!

 

と教えてくれるとてもありがたいメッセージなのです。

 

仕事を退職してから90歳ぐらいまで、きちんと年金は出ますが、あと5万円ぐらいあると平均的な暮らしはできますよということなんです。

 

年金をもっと多くもらえたらいいのですが、そうするには税金をさらに多く納める必要があります。でもそんなことをしたら、文句を言う国民はさらに多くなります。税金は払いたくないけど、年金はもっと多くもらいたい!そんな考えの人々が、「年金返せデモ」に参加されるのだと思います。

 

賢い人々は、そんなデモには参加せず、老後の準備をどうするか考えるはずです。

 

まずは、家計の支出を減らしましょう。現役時代から少ないお金で生活できるように習慣化できれば、老後になっても支出を減らすことができます。

 

そして、家計の黒字額をなるべく多くし、それを貯金しましょう。その貯金の一部を利用して、投資をしましょう。投資は、インデックス投資+積み立て投資がいいでしょう。

 

より詳しく資産運用を勉強したい人は、私の資産運用のやり方を書いた記事をお読みください。お役に立てると思います。

 

フクリの堅実な資産運用方法

 

この報告書を間違った方向に世論を導くために利用したマスコミと野党には、本当にあきれてしまいます。自民党支持者ですが、今回の政権の対応はさすがによくなかったと思います。

 

資産形成にはなるべく早めにとりかかりましょう。足りないお金は、自分たちでなんとかするしかありませんよ!

 

「アリとキリギリス」の話がありますが、あなたがなりたいのは、アリですか?それともキリギリスですか?

 

私は絶対にアリです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました