金融機関にあなたの資産運用を任せたらだめ、絶対に!

証券会社・銀行は様々な金融商品を紹介してくれます。でも、それはあなたのためではなく、金融機関のもうけのために紹介してくれるのです。

あなたに有利な商品ではなく、金融機関に有利な商品です。

この事実を知らないと、このような被害を受けます。

株「回転売買」横行…手数料総額6400万円も

「販売員にうまく乗せられ、資産の多くを手数料で持っていかれた」。昨年7月までの約6年間、準大手証券会社を通じて外国株などの売買を繰り返した東京都内の女性(74)は憤る。

女性は2011年、死亡した夫から4000万円相当の大手企業株などを相続。投資経験はなかったが、弔問に来た証券販売員から「財産は有効活用しないと損ですよ」と勧誘され、相続した株を外国株に買い替えるなどし、計約1億4000万円分を投資に充てた。

損失が出ても販売員の上司らから「会社のチームが支えるから大丈夫」と言われ、外国株や新興企業株の短期売買を繰り返した。だが、損失が膨らみ、弁護士に相談。それまでの取引を計算すると、利益はほぼ出ていないのに委託手数料の総額は約6400万円にも上っていた。(読売新聞 1/20(日) 12:48配信より引用)

1億4000万円の投資で、6400万円の手数料を稼ぎ出した金融機関の荒業はすごいですね。

もちろん金融機関も悪いのですが、自分で考えずに騙された女性も落ち度はあります。

私の投資はインデックス投資が主体なので、ネットで完結します。ですが、いろいろな用事で銀行に行くと、あきらかに銀行の利益になるようなとんでもない商品を紹介されます。

金融リテラシーが平均以上なので、このような商品にはだまされません、ですが、投資にうとい人たちは、銀行から紹介された商品は優れていると感じるのではないでしょうか。

退職金で投資を始めて失敗するのではなく、20代~30代から投資を始めておくことも大事ですね。そして、投資を始めるときはインデックス投資が最適だと思います。

私が初めてインデックス投資を知ったのはSBI証券のホームページですので、一概に金融機関がすすめる商品は悪いものと言い切れません。

ですが、金融商品は自分からアクセスするものであり、向こうから売り込まれた金融商品には絶対に手を出すべきではありません。

そのあたりは肝に銘じて、大やけどをおわないようにしましょうね。

自分の両親、祖父母にもきっちり指導しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.