去年からイデコの利益が成長していない?

iDeCo

イデコで本当に利益が出るの?イデコではどれほどの節税ができるのか?

 

そんなことを知りたいあなたに、私のイデコの成績をお伝えします。

 

これを読んだら、きっとすぐにイデコを始めたくなるはずです。

 

イデコの今月の利益は?

 

 

まず、今月のイデコの利益は408万円です。

 

イデコの掛け金(投資したお金)は所得税と住民税から控除されます。合法的に節税ができるということです!掛け金が432万円なので、私の場合の節税額は130万円ほどです。

 

そのため、今月のイデコの含み益は、408万円と130万円で、538万円です。

 

見込みの節税額は、80万円+130万円で210万円になります。80万円は408万円の利益は非課税のため、408万円の20%の約80万円も節税になります。

 

去年からイデコが増えていない?

 

投資は順調に見えますが、去年からお金が増えていないようです。

 

 

増えていないどころか、何十万円か減っていますね。

 

もちろん資産は右肩上がりが最高です。ただし、そんなことはあり得ず、増えたり減ったりしながら、なんとなく増えていくのがインデックス投資だと思います。

 

『上がってもうれしい、下がってもうれしい』ものです。この感覚は、積み立て投資を続けていると自然に身についてきます。

 

私の投資しているDCニッセイ外国株式インデックスファンドも順調に成長しています。少しずつ少しずつ、私の資産もファンドも末永く成長してくれることを願っています。

 

イデコのメリットをおさらい!

 

イデコのメリットは、ほぼ最強の節税ツールだということです。投資の掛け金は控除されますし、利益も非課税です。投資したお金のすべてが控除されるという仕組みは、とんでもない仕組みなんです!

 

ですが、デメリットもあります。最大のデメリットは、流動性が悪いことです。老後までお金を引き出すことができないことは注意してください。

 

でも、そのデメリット以上の価値が、イデコにはあります。

 

最後に

 

つみたてNISAとイデコを使い分けることが、最も大切な時代になっています。両方とも上手に使えるようになりたいですね!

 

私のおすすめはつみたてNISAよりもイデコですが、あなたの資産や仕事の状態でどちらが有利になるかは一概には言えません。

 

ですが、必ずどちらかは利用しましょうね!

 

決定版! お金の増やし方&稼ぎ方

決定版! お金の増やし方&稼ぎ方

山崎元, 堀江貴文
1,386円(12/01 17:18時点)
発売日: 2022/06/28
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました