FIREよりも、楽しく働く人生が幸せかもしれない

インデックス投資

FIREという洗練されたゴールに魅了されてきました。

 

しかし、FIREをするためには、かなりの節約と投資の成功が必要になります。

 

しかも、異次元の節約を20-30代の楽しい時期にしなければなりません。20-30代は体力も気力もある時で、この時期にお金を使うことは価値があります。20代の1万円と、60代の1万円の価値は違い、20代で使う1万円の方が人生にもたらす価値は大きいです。

 

そのあたりの考えについては、DIE WITH ZEROで勉強されてください。

DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール

ビル・パーキンス
1,515円(12/01 03:31時点)
発売日: 2020/09/29
Amazonの情報を掲載しています

 

堀江貴文さん(ホリエモン)と山崎元さんの対談でも、このテーマを取り上げています。

 

早期リタイア「FIRE」を目指して結局後悔する理由(FIREの資金ができた頃、(つまらない人間)より引用します。

 

FIREなんか目指すな。つまらない仕事をしていても成果は出ない。つまらない仕事をえんえんと続けて資産を築くなんて馬鹿げている。過度の節約によるストレスもそうとうなものである。

お金は使わなければ意味がないのだ。人生は有限だ。リタイアするためにお金をかけてどうする? やりたいことにお金をかけろ。やりたいことがないなら、やりたいことを見つけるためにお金を使え。

 

65歳以上の人のうち、社会的責任を負っている人と、さして負っていない人とでは、寿命が7~8年も変わるらしい。

たとえば、町内会長やマンションの管理組合の役員などをやっている人は年老いてからも元気で長生きする傾向があるのだという。彼らはややこしい人間関係と対峙しないといけない。でもそれが張り合いになる。適度な忙しさとストレスは健康維持に貢献するそうだ。

 

医師として、男性が退職をするとライフスタイルがだめになる人が多いです。退職以上に配偶者が亡くなった男性の多くが、非常に不健康になることを実感します。

 

社会的責任があるかどうかで、寿命が7-8年も変わることは納得できます。楽しく仕事をしていた方が、金銭的にも健康的にもFIREするよりは豊かなのかもしれません。

 

また、FIREをしてからやりたいことをやるよりも、仕事をしながらやりたいことをした方がいいですね。FIRE後にやりたいことをしても、飽きたりつまらなかったりするかもしれません。決して、FIRE後の人生はバラ色ではないということです。

 

私は経済的自立には興味があります。しかしそれよりも、もっと勉強してもっと仕事をして、より良い人間に成長したいという欲があります。最近は、この欲のために生きるのが楽しくて仕方ありません。そして、社会の役に立っていることを、とても幸せに感じています。

 

確固たる信念を持って、FIREをすることを否定しようとは思っていません。FIREをする人生が本当に幸せなのか、せっかく生まれたのだから人の役に立つ人生にしなくていいのか、私たちはもう一度考え直してみる必要がありそうです。

 

決定版! お金の増やし方&稼ぎ方

決定版! お金の増やし方&稼ぎ方

山崎元, 堀江貴文
1,386円(12/01 17:18時点)
発売日: 2022/06/28
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました