アクティブ型投信の品質が悪い?やはりインデックス投資の方がよい。

インデックス投資

アクティブ投信VSインデックス投信というのは決着がついており、インデックス投資が有利です。

 

その理由はたくさんあり、コストの差が大きいことと、成績の良いアクティブ投信を予想するのは困難であることなどが挙げられます。

 

アクティブ投信を選ぶぐらいなら自分で個別株をやった方が、夢があって楽しいと思います。投資に夢を見ないのであれば、インデックス投資がかなり有利です。

 

イデコの取引成績が回復中。利益はもうすぐ600万円!?

 

そんなアクティブ投信ですが、運用はかなりずさんな商品が多そうです。

 

日経朝刊(2022/7/13)にこんな話題が載っていました。

 

アクティブ投信 不振8割が大手

・8割強の商品のリターンが信託報酬の控除後のベースで、パッシブ型と比べてプラスでもマイナスでもなかった。運用成果がコストに相殺されており、販売手数料も考えれば投資家が受け取るリターンはさらに低下することを示す。

・コスト控除後の指標を社内で共有せず成果の検証もしていなかった。中には比較対象とはならない指標と比べ10年以上にわたりパッシブ型を上回る利益が出ていると誤認していたケースもあった。

 

アクティブ型投信がパッシブ型投信(=インデックス投信)に運用が負けがちというニュースはよくあります。それは当たり前のことで、インデックスに負ける投信もあれば勝つ投信もあるというだけのことです。

 

アメリカではすでにFIREブームが終わる?

 

決して、インデックス投信が最強だと言いたいわけではありません。そして、鎌倉投信などの投資哲学がしっかりしたアクティブファンドを応援したい投資家は、それもアリだと思います。

 

ただ、このニュースから知ったのは、アクティブ投信の中にはとてもひどい運用をするファンドがあるということです。

 

コスト控除後の指標を社内で共有せず成果の検証もしていない、比較対象とはならない指標と比べ10年以上にわたりパッシブ型を上回る利益が出ていると誤認していたなどはひどすぎますよね。びっくりしませんか?

 

アクティブ投信はプロが運用しているイメージがあるので、投資をしている投資家さんが多いと思います。ですが、運用しているのは実はセミプロなのかもしれないし、もしかしたらアマチュアレベルなのかもしれません。そんなファンドに投資をしたくないですよね?

 

でも成績の良いファンドを予想できないように、運用のずさんなファンドを予想することも難しいと思います。

 

つみたてNISAやイデコという投資環境があるのですから、アクティブ投信ではなく、手堅くインデックス投信で運用することが正解です。あえて自分の老後資金でギャンブルをしないようにしましょうね!

 

決定版! お金の増やし方&稼ぎ方

決定版! お金の増やし方&稼ぎ方

山崎元, 堀江貴文
1,386円(12/01 17:18時点)
発売日: 2022/06/28
Amazonの情報を掲載しています

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました