コロナウイルスのせいで不動産の入居付けは難しい?

不動産投資

保有している投資用不動産の退去連絡がきてしまいました。次の不動産を購入しようかなと思っていたところに退去連絡がきてしまったので、テンションが落ちてしまいました。

 

「そのマンションを購入します!!」なんて言わなくてよかったーー!!「マンションをもう一つ買うことにした!でも、今のマンションが退去になるようだ!」ということを妻に話したら、きっと怒られたはずです。

 

妻が反対すると不動産投資はやりにくくなるので、慎重に投資をすすめているのです。だから物件購入のスピードが上がりません。

 

今の入居者の方は比較的長く入居していただいたので、ありがたかったです。でも、3年ぶりの退去になるので、どのくらいで入居者が決まるかドキドキしています。

 

まるで初めて保有した株式が値下がりしたようなドキドキ感です!!空室って本当に嫌なモノですね!

 

保有する物件は、港区にある山手線徒歩10分以内の良い立地の区分マンションです。3年前はあっという間に入居者が決まったので、今回も楽観視しています。

 

ですが、管理会社からの連絡では、コロナウイルスの影響で入居付けは厳しいですと言われました。家賃はそのままで募集をすることにしましたが、同じマンションの別の部屋は礼金をゼロにしていたりするので、少し不安な気持ちです。

 

管理会社はかなり優秀な会社なので、空室期間はなんとか短くしてくれるはずです。

 

都内のワンルームマンション投資は、不動産投資家からは批判されやすい投資方法です。ですが、手間もかからず、空室リスクは低いので、精神的なストレスはかなり低い投資法です。

 

都内の中古ワンルームマンション投資ならばゆっくり資産が増えていきますし、投資の失敗で人生が終わるようなリスクもほとんどありません。

 

立地が悪く入居付けが難しい地方よりも、空室リスクがかなり低い都心での不動産投資がおすすめです。

 

とにかく早く入居を決めて、次の不動産の購入をしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました