値上がりした投資信託に積極的に投資をする?しない?

インデックス投資

すでに値上がりしている投資信託へ、スポット買いなど積極的に投資はしないほうがいいです。

 

例えば、今なら円安が過度に進行してしまったので、あわてて海外株式に投資をするようなことは危ないです。

 

6月14日火曜日の日経新聞朝刊にこんな記事がありました。

 

株式投信 資金流入3.1倍

・公募株式投信への資金流入が前月比3.1倍となり、海外株式に最も多く流入した。

・米国の金利上昇を受けて株価は乱高下したが、円安進行を背景に個人が外貨建ての資産を積み増す動きが加速した。

・その背景にあるのが円の先安観測の強まりだ。

 

どうやら円安が今後も進行しそうだ。円安のトレンドに乗り遅れたくない。そのように考えている投資家が、外貨建ての投資信託への投資を過熱させている印象です。

 

インデックス投資で上手に運用するには、最初に決めた投資方針に従ってコツコツと投資をすることです。円安になったから、株価が上昇しているからなどの理由で、投資額を増やすのは良い方法ではありません。

 

もちろん、最初にスポット買いに関するルールを決めておけば、積極的な買い増しもありです。しかし、相場が変化した状況に、ルールに従わずに臨機応変に対応することはやめておきましょう。

 

ほぼ確実に運用成績は悪くなります。

 

私もインデックス投資をはじめたころは、少しでも運用成績を良くするために売買をしていました。高くなったら売却して、安くなったら購入する。上手くいくときもあれば、その逆もあります。トータルで考えると、成績は悪化しました。

 

大きな利益が出ている私のイデコですが、余計な売買をしなければもっと大きな利益になっていたはずです。本当に後悔しています。

 

とある勤務医のイデコの投資結果。500万円以上も儲かっています!!

 

ぜひみなさんには、こういった状況の変化にうろたえない投資家になってほしいと思います。私はようやく相場の変調をじっと耐えることができるようになりました。10年もかかりました。

 

今回の相場の変調も、コツコツ投資で乗り切っていきましょう。

 

全面改訂 第3版 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 第3版 ほったらかし投資術 (朝日新書)

山崎 元, 水瀬 ケンイチ
594円(12/01 19:20時点)
発売日: 2022/03/11
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました