【書評】レバレッジ・リーディング 読んだ本の100倍の 利益を得る方法

読書術

読んだ書籍代の100倍のリターンを得よう。1500円の本を読んだら、15万円のリターンが出る読書法を学べます。

 

今回、紹介する本はベストセラーのレバレッジ・リーディングです。ビジネス書を多読することにより、人生を変えていくための本になります。

 

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

本田 直之
990円(07/05 00:39時点)
発売日: 2006/12/14
Amazonの情報を掲載しています

 

まずは、いつものようにこちらの記事通りに本を読む準備からしたいと思います。

 

内科医の読書術 どうやって本の知識を吸収するか?
このブログをより良くするため、今まで以上に読書をしています。そして、本から学べたことをみなさんへ、もっと上手に伝えるようになりたい。 そのために、読書術をアップデートしています。 このような勉強系の知識を得る出発...

 

 

どんな人が書いているのか?

 

本田直之さん

自己啓発本を多数書かれていて、その中でもレバレッジ・リーディングが代表作になります。

著者経歴はこちら。

シティバンクなどの外資系企業を経て、営業支援アウトソーシング業のバックスグループの経営に参画。経営戦略、IT戦略、IPO、IR担当の常務取締役として2001年にJASDAQへの上場に導く。現在、レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役として、東京、シリコンバレー、ハワイのベンチャー企業に資本・経営参加し、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。バックスグループ取締役顧問、日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレートアドバイザーズアカウンティング取締役を兼務。明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校経営学修士(MBA)。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー

 

目次を熟読します

 

目次を読むだけで、本の内容の5%ぐらいは吸収できます。

 

第1章 ビジネス書の多読とは何か?―100倍のリターンをもたらす究極の読書術(一五〇〇円が一五万円になる! ビジネススクールで発見した「多読術」 )
第2章 本探しは投資物件選び―ビジネス書の効率的スクリーニング術(投資の手法を本選びに応用する 目的を明確にする )
第3章 一日一冊、ビジネス書を戦略的に読破する―訓練不要であなたの読み方が劇的に変わる(本を読む目的を明確化する カラーバス効果とは? )
第4章 読んだままで終わらせるな!―反復と実践によって一〇〇倍のリターンを獲得せよ(最重要な読書後のフォロー 読後フォローをシステム化する )

 

新たな学びがあった内容

 

読書ほど格安の自己投資はありません。こう言うと必ず、「読書が大事なことはわかっているけれど、忙しくて読むヒマがない」 という答えが返ってきます。しかし、これはわたしに言わせれば、まったく逆です。本当は、「本を読まないから時間がない」のです。どういうことか、説明しましょう。ビジネス書には、努力の末に成功した人がその知識やノウハウを書いたものがたくさんあります。それを読むということは、成功した人のやり方から学ぶということにほかなりません。その知識やノウハウを自分流にアレンジして仕事に役立てれば、もっと効率よく仕事をすることができます。本を書いた人が何年も何十年もかけて体得したノウハウを、 わずか一冊の本を読むだけで手に入れることができるのです。そのうえで自分なりの工夫を加えれば、早く、少ない労力で、成功にたどり着ける。その結果、時間の余裕が生まれるというわけです。 

 

まず、読書をすることで仕事などのスピード・効率を上げましょう。そうすることで、さらに読書をする時間が増えます。逆に、本を読まなければもっと時間がなくなり、さらに読書をする時間がなくなります。

 

ビジネス書の1500円を高いと見るか、安いと思うか。わたしは非常に安いと思います。なぜなら、この1500円が将来何倍にもなって返っ てくるからです。わたし自身の経験や、周囲の事業で成功している人たちの実績から見積ものてみると、およそ100倍というところです。

 

多読をすると、あなたに時間ができることがわかりました。そして、読書はあなたにお金をもたらしてくれます。100倍ものリターンを上げることができますから、読書しないのは損ですよね!

 

読書は、あなたにお金をプレゼントしてくれます。

お金が欲しいなら、本を読もう

 

本を読んだことで、満足してしまうのです。たしかに読んでいる最中や読み終わ ってしばらくは、気分も高揚しているし、そこに書かれていたことをすぐに実行しようという気になります。しかし、人間は忘れる生き物です。現代社会では次から次へと新しい 情報が入ってきて、古い記憶を追い出してしまいます。

せっかく投資した時間とコストを回収するためには、「読書後のフォロ ー」を行うことが絶対に必要です。もちろん、このようなフォローをしなくても、本を読まないよりは数倍ましです。

 

読書をするだけで終わらせてはかなりもったいないです。インプットするだけではなく、アウトプットすることを意識しながら読み、そしてアウトプットすることが大事です。

 

そして学んだ内容を、仕事に活かしてみましょう。おそらく劇的にあなたの仕事の質と量は良くなるはず。本を読んであなたがどのように変わったのか、そのことを評価すると最高ですね。

 

まだまだ紹介したい内容はたくさんありますが、このあたりで終わりにしたいと思います。学びが多い書籍ですし、読書術について勉強したい方にぴったりです。

 

読書術の導入・入門にはこちらの記事で紹介した本がおすすめで、こちらを読み終わってからレバレッジ・リーディングを読むと理解が深まります。

 

内科医の読書術 どうやって本の知識を吸収するか?
このブログをより良くするため、今まで以上に読書をしています。そして、本から学べたことをみなさんへ、もっと上手に伝えるようになりたい。 そのために、読書術をアップデートしています。 このような勉強系の知識を得る出発...

コメント

タイトルとURLをコピーしました