『マイケル・サンデルの白熱教室 中国って民主主義国?』 の感想。

テレビ番組

NHKで放送されているマイケル・サンデルの。今回は、中国は民主主義国なのか?がテーマでした。

 

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)

マイケル サンデル, NHK「ハーバード白熱教室」制作チーム, 小林 正弥, 杉田 晶子
347円(07/05 00:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

サンデル教授の進行で、日米中のエリート大学の学生が民主主義について討論しました。

 

 

「中国だって民主主義国だ」と主張する中国の学生たちに、日本とアメリカの学生が反論!民主主義とは何なのか?大事なことは何か?サンデル教授が民主主義の本質に迫る!

 

中国やロシアが招かれなかった昨年の民主主義サミット。これに対し中国は「欧米とは違うが、中国も民主主義国だ」と反発。そもそも民主主義とは何なのか?大切なのは、複数政党制や選挙や言論の自由があることなのか?あるいは問題を解決し、人々が望む結果を出すことなのか?「君たちが政府に求めるのは、民主主義の原則を守ることか、あるいは結果を出すことか?」サンデル教授が民主主義をめぐる日米中の若者たちの本音に迫る!

番組ホームページ

 

 

まず、民主主義とはどのような特徴があるのか、どのような条件があれば民主主義と言えるのかを討論しました。中国の大学生は、英語でディスカッションしており、日本の大学生よりも優秀な印象でした。実際、そうなんでしょうね。

 

討論の末、民主主義には以下の3つの条件が必要だということになりました。

  • 複数政党
  • 直接選挙
  • 言論の自由

 

特に言論の自由は、twitterでトランプ元大統領がアカウントを凍結されたエピソードが話題になりました。中国の学生はこれを『検閲』とし、日米の多くの学生は、企業がしたことであり検閲ではないと反論しました。

 

私も、これが検閲とは言えないと考えました。Twitterは利益を追求する企業であり、自社の利益とサービスの規約のためにしたことだと思っています。

 

中国は民主主義国家ではない、これが多くの日本人とアメリカ人に共通する考えです。国に対して逆らうことは許されず、共産党のみで成り立っている国ですから、民主主義とは言えないです。中国人も自分の国が民主主義だと考えるはずがないと考えていました。

 

中国は自分たちの共産主義こそ先進的なシステムだと考えていると思っていました。ですが、中国の学生は、中国を民主主義と信じていて、それをアピールしていました。まさか、中国人が自分の国を『民主主義国家だ!!』とアピールするなんて思いもしませんでした。(もちろん本音ではないかもしれませんが….)

 

私の中国の見方が間違っていたので、この点が非常に面白かったです。中国の見方を変えなければいけないとも思いましたし、もっと中国の国の仕組みを知りたくなりました。

 

気づきを与えてくれる良い内容の番組で、勉強になりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました