中学受験は必要なのだろうか? でも子供の自尊心を傷つけるな!

医師の中学受験

中学受験をすることができる環境であれば、中学受験はしたほうがいいです。

 

まず、我が家は中学受験の戦いの中にいます。子供は健気に勉強に頑張っており、日々の成長を感じています。

 

子供の勉強に関してのツイートが少し話題になりましたので、この記事で中学受験を取り上げてみようと思います。

 

 

どうして中学受験をするのでしょうか?

 

まず、中学受験をすると、圧倒的な学力と特殊な思考回路が身につきます。中学受験の勉強はかなり特殊であり、塾のカリキュラムをきちんとこなせば、頭の良さが手に入ります。特別な思考回路が一つ組み込まれるようなイメージです。

 

そして、中学受験をしなかった子供と中学受験をした子供で、中学1年時点でかなりの学力差が生まれます。そして、私立中学は大学受験に向けて6年間のしっかりしたカリキュラムがありますから、その学力差をひっくり返すことはかなり難しいです。もちろん、高校受験組でも逆転は不可能ではないです。

 

東大合格者数の学校別ランキングを見ると、ほとんどが名門私立中(高校)です。最近では、高校入学者の学力の低さという問題があり、私立中は高校からの入学を募集しない学校が増えています。(高校受験を軽視しているつもりは私にはありません。)

 

つまり、中学受験での差が、大学受験まで響くことは周知の事実なのです。

 

中学受験のデメリット

 

もちろん、中学受験にはデメリットもあります。

 

中学受験は過酷ですから、親も子も疲弊してしまい、取り返しのつかないほどの親子関係の悪化のリスクがあります。私も少し前までは、子供にかなりきつい言葉を浴びせました。ひどい親だったと反省しています。

 

ですが、こちらの本を読み、考えを変えました。この本を読んでいなかったら、子供を潰してしまった可能性があり、肝を冷やしています。

 

 

この本は、中学受験だけではなく、子育てに悩むすべての親におすすめします。

 

デメリットは、金銭面もあります。数百万円の出費は覚悟しなければなりませんし、私立中学進学後の学費も考えなくてはいけません。

 

さらに、親の時間も奪われます。中学受験は、親のフォローがなければ成立しません。子供のスケジュール管理、塾への送り迎え、弱点の洗い出し、教材整理などたくさんの仕事があります。私も帰宅してから、1時間以上は中学受験に費やしています。読書もして、ブログも書いて、ツイッターもして、筋トレもして、家事もしますから、本当にたいへんです。

 

たいへんですが、とても充実しています。中学受験は子供だけではなく、親の成長のきっかけになります。

 

最後に

 

中学受験ができる環境であれば、中学受験に取り組みましょう。様々なデメリットはたしかにありますが、それを上回るメリットがあります。

 

我が家は、幼稚園受験、小学校受験、中学校受験を経験してきています。そして、受験を乗り越えるたびに、家族の絆が強まりました。お金はかかりましたが、受験を経験してよかったと思っています。かけがえのない良い思い出になりました。

 

子供に長時間の勉強をさせるのは、悪いことでも可愛そうなことでもありません。プロのスポーツ選手を目指す子供が長時間のスポーツの練習をするのと同じように、受験をする子供が勉強を長時間するのは当たり前です。

 

ただし、中学受験で子供の自尊心を傷つけてはいけません。絶対に教育虐待レベルで子供を追い込んではいけません。それだけは注意して、中学受験に取り組みましょう。

 

中学受験のリアルはこの漫画を読むとわかります。かなりリアルな漫画ですので、子供には読ませないことをおすすめします。読むのは親だけにしましょうね。

 

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(1) (ビッグコミックス)

二月の勝者 ―絶対合格の教室―(1) (ビッグコミックス)

高瀬志帆
693円(12/01 18:41時点)
発売日: 2018/02/09
Amazonの情報を掲載しています

 

最近、勉強をする目的は、『心を鍛え、頭脳を成長させること』ということを知りました。子供にもそのように伝えています。

 

勉強が面白くなる瞬間――読んだらすぐ勉強したくなる究極の勉強法

勉強が面白くなる瞬間――読んだらすぐ勉強したくなる究極の勉強法

パク・ソンヒョク
1,336円(12/01 18:41時点)
発売日: 2022/05/17
Amazonの情報を掲載しています

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました