【書評】読んだら忘れない読書術② 日本人は本を読まない

読書術

前回の書評の続きです。

 

【書評】読んだら忘れない読書術① アウトプットしよう
読書をしたけど、書いてある内容を覚えておけない。 本の内容を頭の中で整理しておけない。 誰かに読んだ本を話したいけど、うまく説明できない。 こんな悩みはありませんか。私もこのような悩みがあり、それを解決するためにこ...

 

今回の書評では、いかに日本人が読書をしていないのか。それについて書いてみます。

 

日本人の年間の読書量は12.3冊。1ヶ月に、たったの1冊です。さらに、 驚愕のデータがあります。 文化庁の「国語に関する世論調査」(2013年度)での「1か月に大体何冊くらい本を読んでいるか」(雑誌や漫画をのぞく)という質問に対して、本を1冊も読まない」 と答えた人が、全体の47.5%にものぼっています。驚くことに、日本人の半数近くが本を読む習慣がないのです。 「1、2冊」と答えた人が34.5%。「3、4冊」が10.9%「5、6冊」が3.4%。「7冊以上」が3.6%です。

つまり、月に7冊読むだけで、あなたは読書量において日本人の上位4%に入ることができるのです。

 

日本人の2人に1人がなんと読書をする習慣がないのです。しかも、月に7冊も本を読めば、日本人のトップレベルの読書量になります。たった、7冊ですよ!

 

しかも、最初から最後まで本を読まなくてもいいのです。大事なところだけ読み、学べたことをすぐに実行にうつす方が価値ありです。理系読書という読み方をすれば、1冊15分で読めます。

 

15分で1冊読めるようになる! ⇛ 『理系読書』

 

1冊15分なら、7冊で105分。2時間かかりません。それで、日本人ならトップレベルの読書家になれます。

 

しかも、本を読むと収入が増える可能性があります。

読書量と年収は、比例する。読書量について多くの調査がなされていますが、ほとんどの調査で、年収の高い人は読書量も多いという結果が出ています。 例えば、2009年の日本経済新聞社産業地域研究所の月額書籍購入費の調査(全国の20~60代の男女1000人を対象)。20~30代の年齢層を見ると、年収800万円以上の人の月額書籍購入費は、2910円。 2006年次の調査と比較して10%増になっています。年収400~800万円未満の人たちは、2557円で25%増。400万円未満の人たちは、1914円で24%減、という数字が出ています。 年収が高いほど本の月額購入費が多く、年収が低いほど月額購入費が少ない。 

 

難しいことは考えずに、次のようにシンプルに考えましょう。

 

本をたくさん読めば、収入が上がります。

 

そう考えた方が、読書をする気になりますよね。私はこの事実を知ってから、読書スピードが大幅にアップしました。収入が上がるなら、読書しますよね?

 

そして、読書はお金だけではありません。なんと、最高のストレス解消法が読書だったんです。

 

イギリスのサセックス大学でのストレス解消についての研究では、読書、音楽視聴、 1杯のコーヒー、テレビゲーム、散歩、それぞれのストレス解消効果を、心拍数などをもとに検証しました。その結果、読書は68%、音楽視聴は6%、コーヒーは5%、散歩は4%テレビゲームは2%のストレス軽減効果が見られ、読書が最も高いストレス解消効果が得 られるということがわかりました。また、静かなところで読書を行えば、わずか6分間で ストレス解消効果が得られ、即効性があることもわかったのです。つまり、静かな場所で6分間読書をすれば、ストレスを3分の2以上軽減できるということになります 

 

コーヒーよりも、散歩よりも、ゲームよりも、読書の方がストレス解消になるというデータが出ています。もう読書するしかないですよね?

 

私もたくさんの本を読むようになり、いつも楽しい気分でいます。読書をしたいので、朝起きるのも楽しい。昼休みに読書をするので、勤務先にいても楽しい。帰宅しても本を読むので、家にいても楽しい。

 

ほんとに読書はすごい!!

 

月に7冊の本を読めば、日本人トップレベルの意識高い系になれる。

読書をすればするほど、年収がアップする(可能性がある)。

読書は最高のストレス解消法。

 

読書をしない理由なんてないですよね。もう読書したくてうずうずしてきましたよね。

 

さあ、あなたも読書家になりましょう。最高の人生が今日から始まりますよ。

 

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術

樺沢 紫苑
1,336円(08/15 12:36時点)
発売日: 2015/04/20
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました