普通の会社員が資産1億円を目指してもいいのだろうか。

インデックス投資

普通の会社員が、資産1億円を目指すのは危ないです。

 

資産を増やす最適な道はインデックス投資と思います。今は税制的に有利なつみたてNISAやiDeCoもあります。インデックス投資家にはとても良い環境が整っています。

 

インデックス投資は比較的に安全な投資ですが、期待リターンは個別株に比べれば低いです。つまり、インデックス投資で大儲けは期待できません。

 

普通の会社員が1億円を目指すには、インデックス投資では無理。レバレッジ型のETFや個別銘柄で運用しようという記事を紹介します。

 

インデックス投資で資産1億円を達成した人の体験談を見かけることがあるが、普通の会社員が真似するのは難しい。個人投資家のまつのすけさんは「インデックス投資で資産1億円を達成できるのは、高所得者などに限られます。元手が少ない普通の会社員ならこれから訪れるチャンスを上手に活用するのがいいですね」という――。

(普通の会社員が資産1億円を目指せる「狙い目5銘柄」長期低迷相場に入る前にやっておくべきこと)

 

この記事では、後半にETFや有望な個別銘柄が紹介されています。インタビューを受けたまつのすけさんは、決してインデックス投資がダメだと言っていません。資産1億円を普通の会社員がインデックス投資で達成するのは、かなり難しいと言っているだけです。

 

私も普通の人が、インデックス投資だけで1億円に達することは無理だと思います。人生で何かを犠牲にしなければ、これだけの資産を一代でつくることは困難です。

 

ですが、1億円を達成するために、インデックス投資以外で資産運用を行ってもうまくいきません。儲かる前に株式投資から退場するか、かなりの損失を出すかでしょう。

 

特に個別株は難しいです。個別株投資で利益を出している投資家は投資の才能があります。自分の選んだ銘柄が本当に正しいのか、その会社に人生を賭けても大丈夫なのか、ずっと葛藤しなければなりません。あなたは仕事をしながら投資の問題に耐えられますか?

 

普通の会社員は資産1億円を目指す必要はありません。投資で資産を2倍にできれば大成功ぐらいの感覚でいた方がうまくいきます。

 

普通の人は、まず2000万円の資産を目指しましょう。夢のない話ですが、それで十分に成功だと思います。

 

期待リターンを高く設定すれば、それだけ損失も大きくなることをしっかり考えましょうね。必ず投資を始めるときには、失敗してお金をいくらか失うことを想像しておいてください。これだけで損失を小さくできるはずです。

 

まだ、インデックス投資を始めていない方は、少額でもいいのでチャレンジしてみてください。

 

投資は少しでも早く始めることが大事です。特に期待リターンの限られるインデックス投資ならば、なおさら早く始めることが肝心です。

 

このほったらかし投資術を読むと、インデックス投資を始められるレベルの知識を学べます。一番おすすめの投資本です。私も投資を始めたきっかけは、これです。

全面改訂 第3版 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 第3版 ほったらかし投資術 (朝日新書)

山崎 元, 水瀬 ケンイチ
594円(12/01 19:20時点)
発売日: 2022/03/11
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました