楽天SPUがまた変わるってよ!でも改悪ではないようです。

楽天ポイ活

楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)は改悪ばかりですが、またまた条件が変更されるというニュースです。

 

まず楽天SPUとは、楽天市場でお得にお買い物をする基礎能力のようなものです。

 

例えば楽天SPUの条件をクリアして還元率を7%までアップすると、楽天市場のほぼすべてのお買い物に還元率7%の能力が付与されます。

 

現在、楽天SPUをすべてクリアすると+14%の還元を受けられる能力が付与されます。これはまさにチートです。

 

ですが+14%を目指すには、いくつかの犠牲が必要であり無傷では無理です。+10%ぐらいを目標にするとバランスがいいです。

 

最近のSPUの変更点をまとめてみます。

 

・楽天証券の条件の改悪(2022年4月1日~)

2022年4月1日(金)に楽天証券のSPU条件が変更となりました。

変更前:楽天ポイントコースの設定と、500円分以上のポイント投資(投資信託)でポイント+1倍
変更後
楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定の上
└ 当月合計30,000円以上のポイント投資(投資信託)でポイント+0.5倍
└ 当月合計30,000円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済)でポイント+0.5倍
  ※米株積立および買付手数料無料海外ETF除く。

解説:基本的に楽天証券でつみたてNISAを利用することをおすすめします。つみたてNISAでは月に3万円以上を投資することが可能ですので、つみたてNISAを利用して資産運用を行いましょう。

しかし、米国株式をしてまで、ポイントアップを狙う必要はありません(米国株投資家は除く)。つまり、ポイント+1%から+0.5%と改悪になります。

楽天銀行+楽天カードのSPU条件が変更(2022年7月1日~)

 

変更前
楽天銀行の口座で楽天カード利用代金の引落をすると楽天市場での楽天カードお支払い分がポイント+1倍
変更後
楽天銀行の口座で楽天カード利用代金の引落をすると楽天市場での楽天カードお支払い分がポイント+0.5倍
さらに
楽天銀行で給与・賞与・年金*を受取ると楽天市場での楽天カードお支払い分がポイント+0.5倍
合計最大+1倍!
  • ※給与・賞与の受取は、「給与振込」の電文で振込をされているものを給与受取として判定。銀行間での取り決めによる資金振込時の入金方法(「通常の振込」と「給与振込」等)が「給与振込」でないものは、給与・賞与の受取と認識ができない。
  • ※ハッピープログラムへのエントリー(楽天会員リンク登録)が必要となります。

解説:給与を楽天銀行で受け取れない人には改悪となってしまいます。私はいろいろな給与はすべて楽天銀行に振り込まれるようにしていますので、条件はクリアできそうです。SPUをクリアしたいのであれば、早めに給与の振込口座を楽天銀行にしておきましょう。

 

最近の楽天グループのやり方はよくないですね。楽天モバイルの改悪も、褒められたやり方ではなかったです。

 

楽天モバイルの無料プランが廃止!!ちょっとまずいよね?

 

私は楽天の株主なので、楽天の顧客が離れていかないか心配しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました