数年間投資してみてイデコとつみたてNISAはどちらがいいのか?

インデックス投資

イデコ(確定拠出年金)とつみたてNISAのどちらが有利なのか、特に投資をはじめたころは迷うと思います。

 

最近、知り合いが悩んでいたので、私の中で気になるテーマだったで記事にしてみたいと思います。

 

まずそれぞれがどのような仕組みなのでしょうか。

 

イデコとは?

確定拠出年金やiDeCoと呼ばれます。

会社員は月に2万3千円までの投資ができます。

投資できる商品は、元本割れのない定期預金や保険・投資信託など。金融機関によって、コストや商品に違いがあるので要注意です。

投資の利益に対しては非課税、さらに投資額は所得から控除できますので節税になります。

つまり、投資したら節税になるという夢のシステムです!

その代わり、原則60歳になるまでお金を引き出すことができません。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、投資信託の積み立てをして資産を形成しましょうという名目で始められました。

年間40万円の積み立てを20年間継続できます。

投資できる対象は、コストなどの観点から選ばれた質の高い投資信託です。

イデコとは違って所得税の節税にはなりませんが、利益に対して非課税です。

お金が必要な時はいつでも引き出せるのも違いです。

 

イデコなのか、つみたてNISAなのか?

 

これは人それぞれというのが答えになってしまいます…

 

投資として優れているのはイデコです。なぜなら所得税控除というとてつもないメリットを持っているからです。

 

また、60歳まで引き出せない流動性の悪さも、投資方針をブレずにいられるというメリットにつながります。

 

ですが、人生は何が起きるかわかりません。もちろん何が起きてもいいように、生活費の数か月分の貯金を持っていることや、掛け捨てなどの生命保険に加入することが大前提です。

 

でも完璧な準備・対応などできませんよね?

 

そうするとつみたてNISAの『お金を引き出せる』という特徴が重要になってきます。

 

例えば私の場合は、不動産投資を加速させるためにお金が必要になり、つみたてNISAを解約してお金を用意することができました。

 

子どもの入学金などでお金が足りなくなった場合は、つみたてNISAの一部を解約することもできます。

 

そこで何パターンかにわけて、おすすめをしたいと思います。

 

①投資の初心者

 

まずは、つみたてNISAで投資をしてみましょう。練習にはつみたてNISAが最適です。

 

しばらく投資をしてみて、イデコもチャレンジできそうなら始めましょう。

 

②女性の場合

 

あまり性別に関して分けるのがよくない時代にすみません。ですが、個人的には性差で差別するのではなく、性差の違いを分かりあうことが大事だと思っています。

 

女性は妊娠・出産・子育てなどあり、仕事をその後も続けるのかわかりません(欧米のようにもっと働きやすい環境になることを願っています)。

 

イデコを選択してから仕事を辞めてしまうと、所得税控除のメリットが小さくなります。それでも口座を維持するコストが発生し続けるので、もったいないです。

 

女性の場合は、人生のライフイベントや仕事について考えてから、つみたてNISAにするのかイデコにするのか決めることをおすすめします。もちろん両方始めるのもありです。

 

③貯蓄がまだまだ少ない人

 

人生のトラブルに対応できる力が弱いので、資産の流動性を大事にしましょう。

 

つみたてNISAがおすすめです。

 

④年収(税金)の高い人

 

イデコが絶対的におすすめです。イデコ+つみたてNISAを最大限活用しましょう。

 

⑤FIRE志望の場合

 

FIREに関しては難しいですね!イデコは60歳まで引き出せないので、リタイア~60歳までの資産があれば、イデコを活用してもいいと思います。

 

FIREの場合は、流動性の高いつみたてNISAの方がいいと思います。

 

もしどちらを選んだ方がいいのかわからない方は、コメントや問い合わせから質問してください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました