都内ワンルーム投資 入居者が決まり、久しぶりの家賃収入!

中古ワンルームマンション

私が保有している港区の中古ワンルームマンションの記事になります。

 

こちらは10月より空室となり、1月にようやく入居者が決まりました。まさか、入居付けに3か月もかかるとは思っていませんでしたが、コロナウイルス感染症の影響でしょうがないようです。久しぶりの家賃が振り込まれ、初めて家賃収入が振り込まれた時の気持ちぐらいうれしかったです。

 

都内ワンルームマンション原状回復費用のオーナー負担 喫煙者の実例

 

私が管理をお願いしている不動産管理会社は空室期間が少ないことが強みなのですが、留学生が来日できないなどもあり、かなり厳しい状況らしいです。その中でも特に私の物件は決まりにくかったそうです。

 

家賃を下げたが、入居者はまだ決まらず!

 

最寄駅から徒歩数分の都内のワンルームマンションは、空室期間がほとんどありません。退去してもすぐに次の入居者が決まり、家賃下落リスクもかなり低いです。ですが、その条件以上に、なるべく入居付けしやすい物件を保有することが大事だと経験しました。

 

私の物件は、1階の物件になります。今回、同じマンションの他の部屋でいくつか競合する部屋が出てしまい、2階以上の物件よりも家賃を下げる必要がありました。2階以上の物件を保有していれば、家賃の減額はもっと少なくてよかったのですが、私の物件選びは甘かったと痛感しました。

 

男性であれば1階でも問題ないと思っていたのですが、今回はなんと女性の入居者です。男性よりもきっと女性の方が部屋をきれいに使ってくれるはずなので、退去後の原状回復日も安く済むのではと期待しています。

 

次の投資物件がなかなか見つからない状況なのですが、立地だけにこだわるのではなく、2階以上であったり、日当たりであったり、線路沿いを外したりなどの条件を加えて、空室リスクの少ない物件選びを心がけようと思います。

 

もちろん完璧な物件などありませんから、どこかで妥協する必要はあります。でも、自分が入居者の立場になって、入居したい物件なのかどうかを今まで以上に考えてから投資をしようと思います。

 

1年以上前に法人を設立したのですが、いまだに物件が見つからずの状態です。法人の収入は、私の本業の講演料のみという寂しい状況です。

 

今年こそ規模拡大をするぞと意気込みつつ、堅実な経営をしていかないといけませんね!

 

「未来収入」実践ノート 幸せになるサラリーマン家庭の不動産投資

「未来収入」実践ノート 幸せになるサラリーマン家庭の不動産投資

宮内ふみ と その夫
1,138円(08/15 12:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました