『節約に本気になれ!』具体的な目標金額を立てて、消費行動を変えよう

家計管理・家計簿

今年はいつもよりも「お金を貯めたい!」と思っていませんか?

 

私は先ほど、2021年の家計簿を集計したので、今年の貯蓄目標を決めました。なんとか達成できるかなと思うギリギリの額を設定しました。

 

今年は「300万円」の貯蓄を目指そうと思います。

 

我が家は子供の教育費が月に何十万円もかかっていますので、300万円の貯蓄が限界です。教育費は子供への投資なので、ここをケチることは考えていません。

 

具体的な金額が決まると、行動が変わります。我が家の家計の固定費は限界まで削減で来ており、変動費を下げなければなりません。『食費・日用品・服飾費』あたりを削る必要があります。

 

まず食費を節約するために、朝からオーケーストアに行ってきました。冷凍食品を吟味したり、保存食品を買い込んだりしてきました。ですが、店内をふらふらしていると余計なものが欲しくなります。

 

買ってしまいそうになった無駄なモノのリスト

①ムーミンのデザインされたシャンプーセット⇒1000円

⓶自然派でレモングラスの香りの入浴剤⇒400円

③すみっコぐらしの入浴剤⇒900円

 

具体的な貯蓄額を決めていなければ、間違いなく買っていました。これを買っていたら2300円の無駄遣いをすることでした。売り場で5分ぐらい悩んで悩んで、商品を棚にもどしました。

 

子どもたちが寝たら、妻にも家計簿と目標金額を共有しようと思います。節約は家族の協力も必要です!家計簿はみんなで共有しましょう。

 

このように、具体的な目標金額を決めると、消費行動を変えることができます。節約は『何を買うかではなく、何を買わないか』だと思います。ぜひ、みなさんも具体的な目標金額を設定してみてください。

 

節約・貯蓄でおすすめの本がこちらです。これから資産運用を始める人はぜひお読みください。

コメント

  1. […] 『節約に本気になれ!』具体的な目標金額を立てて、消費行動を変えよう […]

タイトルとURLをコピーしました